契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

冬と旅

【投稿者:なおいー】

皆様はどの季節が、お好きですか?

私は、断然、冬が好きです。

寒いのは嫌いだと仰る方の声を耳にする機会が多いような気がするのですが、
私は寒いのは苦になりません。

もちろん、防寒対策はしっかりとします。

厳冬期に半袖シャツで外出するような勇気?も根性?も、
私にはありません(笑)。

 

毎年、晩秋になって冬の足跡が聞こえ、
木枯らしが冬の匂いを運んでくる頃になると、私の心は
「冬が来た」と歓喜に満たされるのでした。

そして、2月も半ばを越え、春の足音が切迫しながら近づいてくると、
去り行く冬への名残を惜しむのでした。

 

私が20代の頃、ある詩人の方に、
「君はどの季節が一番好きかね?」と訊ねられました。

そこで私は躊躇なく
「晩秋から冬にかけてです。それも寒冷地や雪国の寒い冬が好きです」
と申し上げました。

するとその詩人の方は、
「それは君がまだ若いからだろう。人間、だんだん歳を取ると、
 春や夏が好ましく思えるようになるものだよ」と仰いました。

この時の私は、そういうものなのだろうか・・・と思うしかなかったのですが、
それから、だいぶ年数が経過した現在でも、好みは変わっていません。

 

もっとも、その詩人の方は、当時70歳くらいでしたから、
もう少ししたら、私も、好みが変わるのかもしれません。

 

ところで私は、小学生の頃から、旅に出ないと生きていけない人間でした。

それは、「死」への恐怖と、学校で苛められる恐怖から、
一時的に逃避するためでした。

 

旅に出ている時と、音楽に集中している時、それに寝ている時だけが、
当時の私を、それらの苦痛から解放してくれたのです。

 

旅と言っても、小学生では、一人旅は無理だったので、
よく祖父が、あちこちと連れ出してくれました。

本格的な一人旅が出来るようになったのは、15~16歳の頃からで、
18歳の頃からは、長期の旅にも出るようになりました。

そして、20歳の頃には、《死後の世界》は
99パーセントあるだろうと思えるようになっていたので、
「死」への恐怖は、だいぶ軽減されていましたし、
苛めからも解放されていたのですが、やはりどこかに、
何か満たされない、との思いがあったのでしょう。

ずっと、数ヵ月おきに、長期の旅に出るという欲求は
押さえることが出来ませんでした。

1つの旅が終わるまでに、次の旅の企画を終えないと、
気持ちが収まらなかったのです。

 

それが、《契山館》と出会って入会したら、
旅に出なくても生きられるようになったのです。

今では旅に出るより、《霊的トレーニング》を欠かさずに行うことに、
人生最大の生き甲斐を感じます。

きっと、長年、求めていたものに、ついに出会えたので、
ようやく、私自身の中の何かが満たされて、満たされない代償として、
旅を求める必要がなくなったのだろう、と推測しています。

 

以前は、短期と長期を合わせれば、年に10回以上は旅に出ていたのですが、
現在では、《契山館》の集会や研修への参加を除けば、
旅に出るのは、年に一回程度です。

その一回というのは、厳冬期の寒冷地への旅で、
これだけは、まだ止められません(笑)。

昨シーズンは北東北を、今シーズンは2年振りに北海道を訪れました。

 

今シーズンの冬の北海道は、一時期強い寒気が入ったので、
海沿いの平地でも、最低気温マイナス25℃前後、最高気温がマイナス10℃以下と、
30年前を思い出させてくれるような低温が体験出来て懐かしかったです。

 

けれども、繰り返しになりますが、《契山館》の《霊的トレーニング》には、
かつての私の人生そのものだった旅を、
遥かに凌駕する何ものか(言葉が見つかりません)が存在します。

寒冷地への旅も、旅行中も《霊的トレーニング》を続けることが可能なので、
その準備をして出かけますが、どちらかしか選べないとしたら、
迷わず《霊的トレーニング》を取ります。

 

もし、皆様の中に、何か満たされない、という思いを感じている方がおられたら、
実はあなた様ご自身の意識が、
本物の《霊魂学》と《霊的トレーニング》を求めておられるのかもしれません。

本当は、どれだけ待ち望んでおられることでしょう。

元々、霊的存在である人間が、待ち望まないはずはないと思うのです。

 

《契山館》はいつでも門戸を開いております。

心当たりがおありの方は、ぜひ、門をお入りになり、お声をおかけ下さい。

《契山館》の各支部・分会では、お問い合わせを、心よりお待ちしております。

本物の守護霊、指導霊の視界に入るためには

【投稿者:三郎】

〜書籍「神体」より抜粋します〜

「私はここにいます。しかし、貴方には見えません。
 見えないでいる貴方を、私達は愛しています。
 そして、他にもたくさんの霊魂達が貴方を愛しています。
 貴方の知らない所で霊魂達は働いています。
 貴方が孤独な時も、貴方が悲しい時も、高級霊魂はいつも貴方の人生を考え、
 貴方が人間としての真実に至るために努力しているのです。
 霊魂達はいつもあなたのことを思っています・・・。」

私はこの部分を読むたびにいつも泣いてしまいます。

何度も何度も読み返しているので、本はもうボロボロです。

守護霊、指導霊といえども、元は地上で生きた人間です。

私達の苦悩は、痛いほど分かってくださっています。

そして、私達がなんとか正しい道を歩めるようにと、日々、
努力してくださっているのです。

ただ、私達の目には見えないだけで・・。

 

しかし、「幽体」の状態が悪いと、守護霊、指導霊の視界に入ることすらできません。

暗すぎて見えないのです。

「幽体」の状態が悪い人が、どんなに泣き叫んでも、
側に寄ってくるのは自称守護霊、指導霊です。

そんな未熟な霊魂達に騙されないでください。

「幽体」の状態を良くする、ただそれだけで良いのです。

それは決して難しいことではありません。

『神伝鎮魂法』 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190409210025g:plain

 

『神体』: 偉大なる魂の生涯 (MyISBN - デザインエッグ社)

Kindl版もあります

f:id:kzkct:20190409210134g:plain

知らない人達を知る

【投稿者:いちか&ばちか】

 

 

皆さん募金ってしたことがありますか?

様々な募金活動があり、目的も国内の被災地から、
個人的な高額医療費捻出のためから、扮装地域のためなど、
本当に多岐に渡って色々とあるようです。

 

先日、私達も仕事の関係で繁華街に出た時、募金を行ってきました。

嘘は言いたくないので、恥ずかしながら、お互いに100円ずつ、二人で200円です。

それは「100円で救える命があります」との看板に感化されたからでした。

日本国内で見れば、100円で食べられる食事と言えば、
スーパーの特売日で売っているインスタントラーメンやパンくらいですが、
物価の違う貧困な国では日本とは違い、
そこそこの食料を恵まれない子供達に与えられるそうです。

 

丁度繁華街で仕事を一段落させた私達は、食事を摂ろうとしていました。

繁華街ですので、あらゆる外食ができます。

二人で麺はもう飽きただの、チェーン店はもう飽きただの、
折角繁華街に出たのだから創作料理店に入りたいだのと、
好き勝手な事を言い合っていた時です。

 

その「100円で救える命があります」に見入ってしまい、
そこに立っている外国の方にお話を聞いてみました。

その方の国では、まともな職業がなく、また、
子供達の殆どは満足に学校にも通えていないそうです。

それどころか今日食べる物もない子供達が大勢いるとのお話を、
現地の方から直接聞いてしまうと、そこで立ち止まるまで、
私達は満足に食事が出来るのに、あれが嫌だこれが嫌だと
ワガママを言っていた事に反省させられました。

実際に、現地の写真を目の当たりにしてしまうと、自分達の反省を込めて、
募金したくなりました。

でも、募金した方が良いという事を私達はこの記事で言いたいわけではありません。

「知らない人達の生活を知り、心を動かされた時、どうするか?」
と言う事を言いたかったのです。

 

日本から遠く離れた国で、今日食べる物もない子供達の現状を知ってしまったら、
少しでも食料の足しにしてほしいと、思ってしまうのが人の良心です。

金額の大小ではなく、「知ること」で、少しでも見地が広がれば、
きっとそれは悪いことではありません。

実際には募金が本当にその子供達のために使われるのかも分かりません。

私達の心情としても、ただの偽善なのかもしれません。

ですが、知ってしまった以上、何かしなくてはならないと感じました。

 

霊的な事も、全く同じ事だと思っています。

今、この記事をご覧になってる皆さんは、恐らく全く霊的な事とは無関係に、
興味本位で何かのキーワードや、あるいはもしかしたら、
本当はオカルトに興味があって「守護霊」などの
良くあるキーワードで探していたら、契山館の千葉分会ブログに
辿り着いたのかもしれません。

 

でも、辿り着けたのです。

あなたは世界でも唯一無二の、本物の霊的知識の宝庫、
契山館に繋がれる一つの道、千葉分会ブログに辿り着けたのです。

あなたは知ってしまいました。

このブログを知ってしまいました。

 

興味がありそうな記事がありましたら、あるいは、
興味が湧いたコメントがありましたら、どうか、それを心に刻んでください。

分からない事がありましたら、どんどんコメントを書き込んでください。

 

私達は未熟者で知識もあまり多くありませんが、きっと他の先輩方が、
あなたの知るチャンスを見逃す事はありません。

 

まずは、知ることです。

ここまで辿り着けたあなたですから、きっと知ることもできるはずです。

知ったら、きっと、もっと知りたくなる。

それが、水波霊魂学です。

知ったら、きっと、もっと行いたくなる。

それが、神伝の法です。

 

この言葉が、あなたの肉体を通して、あなたの幽体に響きますように。

そして、あなたが救われますように。

相撲

【投稿者:伊衛門】

先日、仕事で両国駅に行きました。

両国と言えば「相撲」ですね。

確かに駅周辺には両国国技館があり、相撲関係のお店などが並んでいました。

 

普段、相撲などには無関係な生活を送っているので、両国の雰囲気は新鮮でした。

 

相撲を霊的に高級なものにするならば、、、という話があるようです。

霊的に高級な相撲を本当に行えたのなら、今頃世の中は、
もっと違うものになっていたかもしれませんね。

 

(写真は両国駅前の石像です。)

f:id:kzkct:20190410230616j:plain

 

 

 

 

死んだ動物からのメッセージ

【投稿者:三郎】

水波霊魂学の書籍は、amazonからたくさん出版されています。

すべての書籍は、霊魂からの通信を、霊媒が受け取って書いたものです。

その中でも『ガンバレ!動物霊魂』は、小さなお子様から、
大人まで楽しめる書籍です。

車にはねられて死んだタヌキ、動物園で死んだシマウマ、
死んだペットだった猫、殺処分された野良犬。

続きを読む

4月に氷点下

【投稿者:なおいー】

私の居住地のある、南関東の海辺の街では、今朝(4月3日記)
最低気温が氷点下になりました。

私の記憶に残る数十年の範囲では、当地で、気温が4月に氷点下になったのは、
初めてだと思います。

当地では、ここ最近は初夏を思わす汗ばむような日があったり、
氷点下の日があったりと、相変わらず変動の激しい気候が続いています。

 

本年(2019年)の1月8日に「椿」というタイトルで掲載させて頂いた、
庭の椿の木も、12月に開花後、一旦、開花を中断したものの、
2月に再開花を始め、現在も10輪程の花を付けています。

続きを読む

赤ちゃんは大人から幽気を吸う

【投稿者:ひふみ】

毎年、満員御礼の乳児クラス。

4月当初、赤ちゃん達は、親と引き離されて毎日ギャン泣きの大合唱です。

そんな中、少しずつ慣れ、時は過ぎ、やがて6月頃になると
だいぶ職員に懐いてきます。

 

その頃になると、職員は体調を崩しやすくなる、と感じることがあります。

祝日のない6月ですから、春からたまった肉体の疲れもあり、
季節の変わり目であるとともに、霊的にも負担が増してくるためではないかと
私は思っています。

続きを読む