契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

遺伝子組み換え食品

【投稿者:チビクロ】

ベトナム戦争では、米軍は、ベトナム人の食料を壊滅させ、
餓死者を続出させる目的で、農産物を枯れ死にさせる枯葉剤を開発し、
この化学兵器を散布しました。
 
この枯葉剤の中身は、強烈な、発ガン物質=ダイオキシンでした。
ベトナムでは、21世紀の現在も、この枯葉剤が原因となり、
多くの奇形児が生まれています。
 
この化学兵器枯葉剤は、ベトナム戦争が終わると、大量の在庫となり、
製造元の軍事産業A社の倉庫に山積され、A社は、その販売先に苦慮しました。

続きを読む

焼肉屋さんで気が付いた、自分だけで考えすぎないこと

【投稿者:ヒカル】

(東北〇県への出張の際のこと)

展示会の初日が終わった。

 

展示会終了後、私を含め同業他社6人で夕食をすることになった。

この地方に詳しい某社のAさんの提案で、焼肉屋さんに行くことになった。

某駅から徒歩15分くらいのところにある、ビルの地下階にそのお店はあった。

時間は19時半を少し回ったところ。

しかし、地下の飲食店のフロアは、閑散としている。

お店は一杯あるのにこの静けさは一体なんであろうか?

続きを読む

共産主義国家

【投稿者:チビクロ】

最近読んだ書籍で、大変衝撃を受けたものがあるので、
内容を一部紹介したいと思います。

「聖地ソロフキの悲劇」(内田義雄 著、NHK出版)
 

かつて世界の50%近い国家が社会主義共産主義国家を
名乗っていた時代がありました。

1991年、ソ連(現ロシア)の共産主義国家が崩壊する以前の事であり、
わずかに30年程前の事でした。

本書、「聖地ソロフキの悲劇」は、こうして秘密警察国家となったソ連における、
秘密警察=KGBの、スサマジイ横暴と暴力の実録です。

続きを読む

学園祭にて

【投稿者:ひふみ】

子供が通う大学から、保護者あてに学園祭や保護者向け講演会などの
案内が送られてきました。

今どきの大学は保護者向けにこんなことをするんですね。

自分が学生の頃には、学園祭に親が来るなんて考えられなかったことです。

そんなわけで、せっかくなので行ってみました。

 

キャンパスの中は、出店がたくさん出ていて賑やかです。

続きを読む

株式市場

【投稿者:チビクロ】

国際的な金融機関であるG銀行を始めとした投資銀行は、
スーパーコンピューターによる自動売買で株式売買を行っています。

そのコンピューターは、1秒間に2500回の売買を行うハイスピードで
動いています。
 
Aと言う私人が、仮に現在価格100ドルの株を、どうしても買いたいと考え、
103ドルで買い注文を出すと、
その注文が証券会社から株式取引所のコンピューターに伝わる前に、
G銀行等のコンピューターは、103ドルでの買い注文が出た事を捕捉します。

続きを読む

水波霊魂学を知っている方は28%

【投稿者:なおいー】

先日、広報部から発表された、
「霊魂についての意識調査」オンラインアンケート第2弾によれば、

「水波霊魂学を知っていますか?」との問いに対して、
「知っている」28%、「知らないが興味がある」22%、
「知らない、興味なし」34%、「関わりたくない」16%とのことでした。

 

これだけでは判断が出来ない面・・・
たとえば、そもそも広報部のHPをご覧の方に対する質問であることとか、
「知っている」が、名前を知っているということなのか、
中身を知っているということなのかなど・・・はありますが、

続きを読む

大衆心理操作

【投稿者:チビクロ】

1991年、第一次イラク戦争が、サダム・フセインイラク
ブッシュ大統領アメリカとの間で引き起こされています。

この戦争の発火点となったのがアメリカ議会における
クウェート人」少女の証言でした。

イラク軍が隣国クウェートに侵略して来、病院で寝ている人間、
そして赤ん坊を床に叩き付ける等の方法で殺害したと、涙を流し、
この少女が証言した事によってアメリカ国内と全世界が激怒し、
イラクとの戦争に「突入」して行きました。

続きを読む