契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

オニギリ事件と人間の不可解性

【投稿者:ヒカル】

(プライバシーを考慮して、少し設定を変更してます)

ある会議の後、幹部がこんな話を私にした。

「B社の社長はとても評判がよくないぞ。社員も結構、辞めているらしい。
 感情の起伏が激しいらしく、気分が良くないと、イライラを社員に
 ぶつけるんだってさ。
 聞いた話だと、ある社員にオニギリ3つ買って来させたけど
 『俺が食いたいオニギリが、入ってないじゃないか』
 と突然、怒鳴りつけて、オニギリを社員に投げつけたりしたらしいぞ。
 そういうことが日常茶飯事で、社員がどんどん辞めているんだってさ。
 うちの会社でそんな理不尽なことしたら、大問題だよなぁ。」

「・・・」

続きを読む

量子テレポーテーション

【投稿者:チビクロ】

テレポーテーションといえば、SFに登場する「瞬間移動」
を思い浮かべる方が多いと思いますが、
ある場所から離れた場所に「モノ」を瞬時に移すテクノロジーです。

1993年、米国の物理学者が「量子のもつれ」を利用して
量子テレポーテーションを実現する方法を考案しました。

彼の提案をもとにして、1997年にオーストリアチームが初めて実験に成功し、
2012年には、オーストリアなど国際研究チームが、
大西洋上に浮かんだ島々を結んで、143kmのテレポーテーションに成功しています。

これらの実験では、いずれも少数の光子や原子だけを使って実現されたものです。

続きを読む

宇宙旅行

【投稿者:チビクロ】

ZOZOTOWNの前澤氏は、2023年に月旅行実施を発表しました。

彼が乗ることになったのは米国スペースX社の新型宇宙船「BFR」ですが、

現在同社は世界一パワフルなロケット「ファルコン・ヘビー」で宇宙船を打ち上げ、
1週間の行程で月との往復旅行を企画、
2018年末には、民間人2人を乗せた最初の運航をする予定です。

また、ブルーオリジン社も無重力を体験したり、宇宙からの眺めを楽しむ宇宙観光を、2019年までに実現すると発表しています。

いずれも実験飛行段階ですが、2030年ごろには、
宇宙旅行は大衆化しているというのが大方の予想です。

続きを読む

不登校

【投稿者:ひふみ】

少子化にもかかわらず、不登校が過去最多だそうです。

子供の数は減っても、不登校になる割合がどんどん高くなっているそうです。

以下、その記事です。

子ども減っても不登校は過去最多「教室内ストレス」に親ができること(AERA dot.) - goo ニュース

これを読むと、不登校が過去最多になった原因として、
いじめやブラック校則によるストレスと

「死にたくなるくらいなら休んで」と思う親が増えたなど、
不登校に対する認知度の高まりを挙げています。

続きを読む

キリスト

【投稿者:チビクロ】

かつてキリストを磔にした人たちは、
キリストのことを許すことができませんでした。

そして実際磔にしましたが、
当時はだれも疑問に思わなかったのかもしれません。

なぜなら当時の行政として当然のことが行われたに過ぎないからです。

社会を混乱させ皇帝の権威にたてついたのですから
他の罪人と一緒に磔にすることに何の違和感もなかったのでしょう。

当時の社会の「標準的な手続き」に従って、キリストを磔にしました。

2000年前のユダヤ教徒たちは、自分たちが間違った信仰をもっていて、
形骸化した儀式が宗教であると勘違いしている可能性を省みることなく、
自分たちを攻撃してくるイエス・キリストを敵とみなして
社会から排除しようとしたのかもしれません。

続きを読む

日本に生きる幸せ

【投稿者:なおいー】

 

現代の日本は特別な時代だと言えます。

なぜならば、現代の日本は、《神伝の法》という
特別な霊的トレーニング法が、神霊から降ろされている、
正にその時代だからです。

このような特別な霊的トレーニング法が、
これほどの規模でまとまって降ろされたのは、おそらく人類史上、
初めてのことだと思います。

続きを読む

無知

【投稿者:チビクロ】

1975年、アフリカ・アンゴラが国家としてポルトガルから独立した直後から
展開され続けてきた「内戦」は、
同国の内部に存在する油田・ダイヤモンド鉱山の利権を巡る戦争であり、
アフリカ各地で繰り返し展開されてきた「内戦」の同工異曲といえます。

一つの国家の内部に異なる民族・宗教が存在する場合、
その二つの勢力の対立・憎悪をアオリ、兵器を与え、戦争を引き起こさせ、
戦争を過激化させる事によって兵器販売を増加させ利益を上げる
兵器商人達と軍事産業が存在します。

続きを読む