契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

その他

水波霊魂学を知っている方は28%

【投稿者:なおいー】 先日、広報部から発表された、「霊魂についての意識調査」オンラインアンケート第2弾によれば、 「水波霊魂学を知っていますか?」との問いに対して、「知っている」28%、「知らないが興味がある」22%、「知らない、興味なし」34%、…

あなたを待っています

【投稿者:ヒカル】 今日はどこでランチを食べようか? あそこも行ったし、そこも行ったし、とても迷う。 お店のランチタイムはだいたい14時までだから、 13時半近い今の時間では、迷っている暇はない。 「あっ、あそこの路地裏に、毎月1~2回は某メーカーの…

免許

【投稿者:惣菜】 運転免許が必要になったのは、28歳ごろだったと思います。 駅に行くにも、市内の商店街に出るにも、距離がありました。 皮肉にも、県内のお店よりも、I県やS県のお店が近く、便利でした。 原付や普通免許を取得しても、運転が上手では…

社会で生きていくことの難しさ~霊的活動の難しさ

【投稿者:ヒカル】 (仕事でのお話) ・・・プライバシーを考慮して設定を少し変更しています。 書類を作成して上司に見せた。 「ここの数字は7,000にしろ」(上司) 「しかしこの日は、別のイベントと重なるので、来場者が少ないと思います。 3,000が妥当か…

自衛隊

【投稿者:ひふみ】 訓練や演習で、日々忙しい自衛隊の人達。 近隣の国々との関係もあり、これから日本はどうなっていくのか、自衛隊の扱いはどうなっていくのかと思いながら見ています。 そして、そんな自衛隊を取り巻く霊的な環境には、なかなか厳しいもの…

誰も無視することはできない霊的環境の悪化

【投稿者:ぴょ】 死後の世界が、なんとなくでもあると思っている方。 輪廻というものが、なんとなくでもあるのではないかと思っている方。 人間としての今回の生は、長い長い魂の旅路の中の本舞台ではないということを理解していただきたいと思います。 母…

風邪予防法

【投稿者:なおいー】 今回は、霊魂学とは直接関係がない、肉体の健康維持に関するお話で、風邪の予防法です。 私は、声を使う仕事をしていますので、風邪の予防には、人一倍気を使っていると思います。 その成果があったためか、この30年間の間に、風邪で仕…

あなたの悩みにお答えします

【投稿者:ヒカル】 全身汗びっしょりで、某運送屋さんのAさんが会社にやってきた。 A)「今日の集荷、これが最終ですか?」 私)「今日は、もうないみたいです。」 ここで「お疲れ様です」を付け足せば、それで何も起きないのだが、 彼の吹き出すような汗を…

満員電車

【投稿者:伊衛門】 電車が遅延すると、少ない本数の電車に人が多く乗り込むため「超」満員電車となってしまいます。 久しぶりにその超満員電車に乗ったのですが、息が出来ないくらいにすし詰めにされ、苦しかったです。 みんなどうしてこんなに急いで会社に…

世界中の軍隊を解体する方法

【投稿者:チビクロ】 日本企業のF社は、軽量で強度の強い、日本企業・東レ等でしか製造できないカーボン繊維を合成樹脂に漬け込み、その後、高温で一定時間、加熱し分子構成を整列化させ強度を増す、いわゆる焼成(しょうせい)の特殊技術を持っています。 …

これからの葬儀やお墓の在り方

【投稿者:ひふみ】 お墓について、皆さんはどう考えていますか? 霊魂学を学んでいる私としては、個人的には、(べつにいらない)と思っています。 お墓に入るのは、地上で使い古した肉体の一部である ” 骨 ” であって、自分自身はあの世に行くわけですから…

悔い改め

【投稿者:チビクロ】 水波霊魂学の著書『霊魂イエス』には次のように書かれています。 「(邪悪な霊魂たちにとっては)要は、誰がどうなってもかまわない。 イデオロギーがどうであろうが、そんな事は問題ではない。 戦いになり、人々が傷つけば、それで良…

15分の待ち時間が偲ばれる串焼き屋さんにて

【投稿者:ヒカル】 渋谷の串焼き屋さんで、仕事関係の4人で食事をすることになった。 19時からお店を予約しているということだが、仕事が早く終わった私は、早めに渋谷に向うことにした。 ~~~ その串焼き屋さんは、地下の1階にあった。 ドアを開けると店…

成功法則がうまくいかない理由

【投稿者:チビクロ】 成功法則というのは一言で言うと 「人間の意志には願望を実現するパワーがある。」 ということではないかと思います。 引き寄せの法則と言われるものも、 「プラスの波動にはプラスの出来事が、マイナスの波動にはマイナスの出来事が …

移住

【投稿者:なおいー】 先日、中国地方のある中核都市を本拠地にする、プロ野球チームが優勝しました。 私は、プロ野球のことには全く疎くて、チーム名もあまり覚えていませんし、 名前と顔が一致する現役の選手は、多分、数人くらいです。 でも、ニュース番…

「鉄壁の広告マン」から「高級な守護霊」に想いを寄せる

【投稿者:ヒカル】 (登場する桑白さんは架空のお名前です。) 今日も130キロの巨体を揺らしながら、ノシノシ歩く広告代理店の桑白さんが私の会社にやってきた。 彼とはもう10年以上の付き合いになる。 ~~~~~ 桑白さんは、学生時代~社会人にかけて、…

霊能力

【投稿者:チビクロ】 私が契山館に入会する前のことです。 以前から知っていた友人と久しぶりに会った時にかなり違和感を感じた経験をしたことがありました。 彼は、もともとあまり自信があるタイプではなかったのですがその時には、かなりの自信家になって…

ホットヨガ

【投稿者:バナナちゃん】 最近ホットヨガのインストラクターの方と会う機会があった。 以前一度だけ付き合いで、偶然彼女が所属するヨガスタジオに行ったことがあった。 全国に沢山チェーンがあるスタジオで、料金も安い。 身体にいい水ももらえて、がぶが…

人気

【投稿者:なおいー】 先日、とても人気があった歌手が、若くして引退をしました。 でも、私は、今もその歌手の名前が出てこないくらいで、その歌手を、ほとんど知りませんでした。 その歌手だけではなく、おそらく日本で人気の高い歌手のほとんどを、私はよ…

掃除嫌いのツケ

【投稿者:はっぱ】 夏休み中のことですが、息子が風邪をひきました。 2、3日咳が続いた後、高い熱が出て慌てて病院に行きました。 「何でこんなに酷くなっちゃったのかな?」と息子が言うので、 「そりゃあ、エアコンがんがんかけて朝までゲームやってりゃ…

本心のコミュニケ―ション

【投稿者:チビクロ】 婚活女子のコンサルをしていて感じるのは、本心のコミュニケ―ションをすることに抵抗を感じる女子が多いということです。 女子に限った話ではないかもしれませんが自分が他人からどう思われるかを意識しすぎることがその原因なのかもし…

お遍路再興

【投稿者:どんた】 新聞を読んでいたら、ある県で江戸時代~昭和初期まで盛んだったお遍路を再興しようとする試みが始まったそうです。 今、観光地気分でお遍路を振興するのが各地で流行っています。 目的は、地域おこしつまり経済効果と癒しだそうです。

【投稿者:伊衛門】 私の住んでいる地域では年に一回、大々的に祭を行います。 祭では大勢の方々が御輿を担いで街を練り歩きます。 また、一時的にですがプレハブの中に祭壇を設けて、そこに供え物を置くなどして結構本格的に執り行います。 そして、その祭…

バラ色「ダンディ老人」達に、光あれ!!

【投稿者:ヒカル】 ◆喫茶店で見かける4人の老人グループのお話。 ◯男性2人、女性2人の老人グループ。 ◯年齢は70後半〜80前半くらいだろう。 ◯関係性は友達。多分。 たいてい、一番年上だと思われる女性老人aが、ヨロヨロと杖をつきながらお店に入ってきて、…

死と向き合う

【投稿者:なおいー】 私が宗教的な世界、霊的な世界に関心を持ったきっかけは、自分自身の「死」を強く意識するようになったからでした。 その後、「死んだらどうなるのか?」、「死後の世界はあるのか?」、「あるとするなら、どのような世界なのか?」な…

UFO

【投稿者:赤提灯】 僕には馴染みの酒場があります。 そこはとても古い店で、商店街の中にあります。 その商店街も昔は活気がありましたが、今は、いわゆるシャッター通りになってしまい、ずいぶん静かな通りです。 薄暗い通りを歩いていると、ポツンと赤提…

「麦茶の女性」と「神伝の法」の距離

【投稿者:ヒカル】 ※登場するアキエさん、デジマさんは架空のお名前です。 ある暑い日、お客さんのもとから会社に戻り、1人まったり、ペットボトルの水を飲んで休憩していると、 そこにアキエさんが寄ってきた。(彼女は役員の妹さんである。) 「デジマさ…

ツイッター

【投稿者:伊衛門】 ツイッターは色んなつぶやきを発信するSNSですが、最近は炎上なんていうものがあるらしく、さまざまな方が色んな意見を言い合うようです。 無記名でお互いに自分の思った事を自由に言い合うというのは、最近起こった事にも関わらず、…

ディズニーランドと温泉

【投稿者:ひふみ】 ディズニーランドは、子供も大人もよく行く場所の一つだと思います。 家族で行ったり、子どもなら学校の部活やサークルの仲間と行く場所としても定番です。 中にはディズニーランドが大好きで、年に何度も行く人もいるようです。 ところ…

偽物

【投稿者:飛鳥】 多くの偽物が堂々と幅を利かせている現代、 偽物に騙されないように注意が必要である。 遠い将来、霊媒に憧れている愚かな弟子が、偽物の霊言を発表したとする。 それは師の教えと矛盾しており、神伝の法を改変するような内容だった。 彼は…