契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

冬と旅

【投稿者:なおいー】 皆様はどの季節が、お好きですか? 私は、断然、冬が好きです。 寒いのは嫌いだと仰る方の声を耳にする機会が多いような気がするのですが、私は寒いのは苦になりません。 もちろん、防寒対策はしっかりとします。 厳冬期に半袖シャツで…

知らない人達を知る

【投稿者:いちか&ばちか】 皆さん募金ってしたことがありますか? 様々な募金活動があり、目的も国内の被災地から、個人的な高額医療費捻出のためから、扮装地域のためなど、本当に多岐に渡って色々とあるようです。 先日、私達も仕事の関係で繁華街に出た…

相撲

【投稿者:伊衛門】 先日、仕事で両国駅に行きました。 両国と言えば「相撲」ですね。 確かに駅周辺には両国国技館があり、相撲関係のお店などが並んでいました。 普段、相撲などには無関係な生活を送っているので、両国の雰囲気は新鮮でした。 相撲を霊的に…

死んだ動物からのメッセージ

【投稿者:三郎】 水波霊魂学の書籍は、amazonからたくさん出版されています。 すべての書籍は、霊魂からの通信を、霊媒が受け取って書いたものです。 その中でも『ガンバレ!動物霊魂』は、小さなお子様から、大人まで楽しめる書籍です。 車にはねられて死…

4月に氷点下

【投稿者:なおいー】 私の居住地のある、南関東の海辺の街では、今朝(4月3日記)最低気温が氷点下になりました。 私の記憶に残る数十年の範囲では、当地で、気温が4月に氷点下になったのは、初めてだと思います。 当地では、ここ最近は初夏を思わす汗ばむ…

赤ちゃんは大人から幽気を吸う

【投稿者:ひふみ】 毎年、満員御礼の乳児クラス。 4月当初、赤ちゃん達は、親と引き離されて毎日ギャン泣きの大合唱です。 そんな中、少しずつ慣れ、時は過ぎ、やがて6月頃になるとだいぶ職員に懐いてきます。 その頃になると、職員は体調を崩しやすくなる…

富士山の恐ろしさ

【投稿者:どんた】 富士山が青空を背景にたたずむ姿は、優しくも神々しくあり、流れる雲をまとう姿は、龍を従えているようです。 でも現実の富士山は、独立峰なので南北の風が直撃し、ひどい時は秒速20m/秒の暴風が荒れ狂い、気温も、冬では零下20度は当た…

信仰が無い時代、心も無い時代

【投稿者:いちか&ばちか】 皆さんどれくらいの間隔でニュースをご覧になっているでしょうか? 私達は、ほとんど毎日のようにニュースを見ています。 朝、時間があればネットのニュースを巡回して、時間が無ければ朝食を食べながらテレビで流れてくるニュー…

宗教とは弱い人が縋るもの?

【投稿者:なおいー】 宗教のことを弱い人が縋(すが)るものであると、お考えの方もおられるそうです。 《契山館》は宗教法人ではありませんが、《神霊》や《高貴な霊魂》の方々などを信仰し、《水波霊魂学》を学び、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を…

『子供たちのためのスピリチュアルなお話2 -日常生活編ー』

子供向け書籍のご紹介です。 とても分かりやすく、大人が読んでも良い本です。 ぜひご一読を!

浪人生

【投稿者:ひふみ】 大学入試の結果が出そろう時期になりました。 桜の花が咲いた人も、残念ながら咲かなかった人もいます。 子供の高校の同級生も様々です。 一定レベル以下の大学には行かない!と、上位の大学ばかりを受験し、全落ちして浪人決定になった…

見えるとは?判るとは何か?

【投稿者:どんた】 ある夜、歩いていて夜空を見上げると月が天頂に煌々と輝き、その周りに雲を纏い、神秘的な姿を見せていた。 暫くその風景に魅せられた私はその後、スマホのカメラで月を撮影した。 後でその姿を観たいためだ。 ところが次の日に写真デー…

死ぬ前に、行うべきこと

【投稿者:なおいー】 縁起でもないと、思われるかもしれません。 でも、私達は、いつか必ず死を迎えます。 望むと望まないとに関わらず、いつか必ず、死を迎える時が来ます。 この世に生まれて、死ななかったという方は、史上、一人もおられないのが現実で…

モンテッソーリ教育と天才

【投稿者:ひふみ】 しばらく前になりますが、将棋の世界で高校生にして七段、連勝記録を更新したF氏が幼児期にモンテッソーリ教育を受けていたと話題になりました。 この教育法はイタリア発祥ですが、アメリカでは、モンテッソーリ教育(略してモンテ)を行…

契山館のご紹介

卒業

【投稿者:はっぱ】 3月と言えば卒業シーズンですね。 卒業式に合唱曲を歌うのは今も昔も変わらないようです。 私が小学生の時は「仰げば尊し」を歌っていました。 ずいぶん古いですね(笑) 自分の子どもの卒業式では「旅立ちの日に」やアンジェラ・アキさ…

透明人間とオーラ

【投稿者:なおいー】 《霊魂》が存在するのは、《幽質界》などの霊的世界のみなのかと言えば、実はそうではありません。 物質界と呼ばれる《この世》にも、《霊魂》は大勢存在しているようです。 しかし、彼らは肉体を持たず、《幽体》という霊的身体で存在…

汚い物件

【投稿者:ひふみ】 春3月、就職、進学で引っ越しの季節になりました。 新しい環境に身を置くべく、準備で忙しい人も多いことでしょう。 私自身も何度か引っ越しの経験があります。 むしろ、引っ越しは人より多いかもしれません。 ある引っ越しでの体験です…

霊魂は居ると思いますか? 

https://www.youtube.com/watch?v=W3RrD3XMZB8書籍の紹介です。 『霊魂は居ると思いますか?』 『霊魂は居ると思いますか?』 - 真の霊媒が示す霊魂現象の真偽 (MyISBN - デザインエッグ社)

日本が「依存」から「自立」に向かうために

【投稿者:ヒカル】 ある経済専門家の話が興味深かった。 「アメリカの景気がいいうちは日本も大丈夫です。 残念ですが、日本は国内で景気をコントロールできていません」 「アメリカさえ好調なら、オリンピック後の不景気を 心配する必要もないのです」 「…

スピリチュアルと現実逃避

【投稿者:バナナちゃん】 最近、スピリチュアル系という人々と話すことが何度かありました。 わざわざ話しに行ったわけではなく、本当にここ数年でこのスピリチュアル系の人口は増えたので、どこに行ってもいらっしゃるというのが最近の傾向かなと思います…

死後の世界を信じる方へ

www.youtube.com

自称、◯◯

【投稿者:三郎】 「自称、◯◯」な人っていますよね。 実は霊魂の世界にも「自称、◯◯」な霊魂がいるんですよ。 自称、守護霊。自称、指導霊。自称、神様、仏様、天使様などなど。 コワイと思いませんか? 騙されると死後、大変なことになるんですよ。

人間は、死んだらどうなるのでしょう?

【投稿者:なおいー】 人間として生まれて、「死んだらどうなるのだろう?」とか、「死後の世界はあるのだろうか?」などと、《死》について、1度も考えたことがない、という方はおられないことでしょう。 私は、人間はもっと、《死》と向き合い、《死後の世…

VR 霊魂学教室 その3

www.youtube.com

来るべき時代のエッセンス

【投稿者:ヒカル】 これからどういう時代が到来するかと言うと、次のような風になるらしい。 ある専門家が言っていた。 『今という時代は価値観が変化する過渡期に来ている。 「モノ」から「体験」に、「所有」から「共有」に、 「有形」から「無形」に、「…

災害

【投稿者:ひふみ】 東日本大震災から8年になります。 あの時の揺れや、その後、テレビから流れてくるショッキングな映像は今も記憶に残ります。 あの後、急ごしらえの災害住宅が建てられ、私の身内もそこに入居しましたが壁が薄くて、少し大きな声を出すと…

死んだらどうなるの?

【投稿者:三郎】 死んだらどうなるの? 大切な人を亡くした時や、自分自身が「死」を意識する状況になった時、大抵の人はこう考えるのではないでしょうか? 「人は死んだら、どうなるんだろう・・?」「死後の世界ってあるのだろうか・・?」 私自身、大切…

人の想い

【投稿者:伊衛門】 ガンダムの中身が変わって来た、、、と前回書きました。 これは個人的に思った事なのですが、昔のガンダムシリーズは政治的な立場から対立構造が生まれ、戦争になるという話が多かったと思います。 しかし、最近はそれにくわえて ガンダ…

音楽と私

【投稿者:なおいー】 いつか音楽に関する投稿をと思いながら、内容が《水波霊魂学》から逸脱してはいけないと、躊躇してきました。 音楽については、《水波一郎先生》監修「霊をさぐる」の「心」のカテゴリー中に「音楽や芸術によって霊的成長につながるの…