契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

終わりのない道

【投稿者:いちか&ばちか】

昔北海道に旅行に行った時、広大な土地に一本だけの道があって、それはそれはまるで永遠に終わりのない道のように思えました。

でも、その道には終わりがあって、旅なので必ず終わりの日があって、気付けばまた東京に帰らないといけなく なりました。

小さな子供の頃は、親がずっとずっと先まで生きているような、そんな感覚がありました。

でも、その親も他界し、人の人生には必ず終わりがあるのだと知りました。

必ず終わりがあるのがこの世で、だからこそ儚げで美しいのかとも思えますが、終わりがあるなら一体、その先は・・?を知ってみたいとは思いませんか?

この世の人生の終わりの先に、もしかしたら、そこには終わりの無いあの世の世界があるかもしれないのです。

私達は、まだこの世で生きています。 ですので、今生の終わりは知っています。

でも、その先は、一度も見たことがありません。

誰も見たことがないのに、現代人は証明されていないと、平気で否定してしまうのです。

でも、もしもそれがあったとして、もしもそこにはいくつかの上下に階層があって、この世にいる内に修行をしていないと地獄のような世界に落ちるとしたら・・それはとても恐ろしいことです。

私達は何も知りません。 私達は何も見えていません。

だからこそ信じるしかありません。 自分を信じろと、お偉い方々は言うのですが・・・

私達は未熟ですので、そんな未熟な自分自身を到底信じられません。

今日怒っていたと思ったら、次の日には大きな口を開けて笑いながら、昨日とは真逆の事を言って平然と したりしています。

そんな自分自身をどうやって信じられるでしょう?

だから、絶対的な何かを信じるのです。それが、神霊であり、高級霊魂なのです。

人は、自分を信じています。

他人は信じたいと思うかもしれませんが、 他人は自分を裏切り、信じている自分も自分を裏切ります。 だから、途方にくれます。

私達は、神を信じます。 神は、決して裏切らないからです。

裏切るのは、何時も人の方です。

神こそ、今、途方にくれた私達が、信じるべき対象なのです。

この道に、終わりはありません。 みんな、未熟者です。 だからこそ、集まる意味があるのです。

ぜひ、千葉分会へ、集まってください。 あなたの見学を、心からお待ちしています。

千葉分会も、私達未熟な人間の集まりです。

ですので、神を求めて見学に来られたら、ただの人間しか居なくて、失望するかもしれません。 でも、それで良いのです。

私達は人間です。

神様は、あなたが求めた道の先に、必ずいらっしゃるのです。