契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

滝行とかの修行のこと

【投稿者:バナナちゃん】

 

修行と聞いて、どんな印象を持たれますか?

たとえば、滝に打たれる、、、。

 

滝行をされている方は、フェイスブックなどで白い服を着て、「滝に打たれにいってきましたー!」などと写真を投稿されているのを見ることが最近は少なくありません。

まぁ、なんだか楽しそうでいいけどねぇ、うーん、皆さん大丈夫かなあとドキドキしながら拝見しています。

私の知り合いだけでも数人は滝行をしている人がいるので、世間では結構増えているのかな?

 

さて滝などでの修行体験、

滝壺に恐ろしい念などが溜まっているのではないかなとか、

どんな類の霊魂が関わっているのか、とか、

ちゃんと調べてから水浴び、いえ滝行されているのでしょうか。

  

もしやあなたの修行は滝の下で手を合わせて水を浴びる形だけ?

水の冷たさと衝撃に耐えて頑張った感がいいと感じている?のかな。

 

いえいえ~インスピレーションを受けてやってます!という人たちもそのインスピレーションは本当に高貴な霊魂からのもの?かな。

低い霊魂はものすごく人を操るのがうまくって、それに操られてやっているってこともあります。

自分はあくまでも精神の鍛錬のため!スピリチュアルもなにも関係ないです!という方も、本人はそれだけのつもりでも、低い霊魂が滝壺で待ちかまえていることも!

 

そして奴らは、自分の姿が見えないのをいいことに、やってきた滝行者にベッタリと自分たちの目印となるものを染み込ませたりして遊びます。

目印をつけられた人は、目印により追跡可能となり、そのあとの人生も彼らの玩具に、、、。

 

自分は真剣にやっています!っていう主催者の方はたいていとっても純粋で、心がきれいないい人です。

参加されている方も真剣だし純粋に何かを求めているはず。

けれど!

その修行の主催者や集い自体が低級霊によって開催されていたり、騙されていることもあるのかも?と少しだけでいいから考えてみてください。

その主催者の方と一度でいいから契山館のお話も聞きに来て、確認してみてください。

だって、もし低級霊がかかわっている修行だったら、後から怖いことがあるかもしれないのだもの。

わかってやっているならいいのですが、大丈夫って断言できるのかな。

 

私の初めての修行は水の禊というものでした。

当時はとある水のきれいなところでやりました。

そのあともいろんなところで禊やらの行をさせていただく機会があり、どれも素晴らしかったぁ。

 

この時に包まれた何とも言えない幸福感というか、どう言葉に表現していいのかわからない、いい気持ちが忘れられなくて、今もこの会にいる、とも言えるかなぁとも思ったりします。

今もあの感じを思い出すと目頭がじわぁっときます。

この感じ、言葉にできないから、ぜひ経験して欲しい!

 

もし修行とか滝行という言葉をキーワードに何か探していてこの投稿を見る人がいたら、どうぞここ契山館にも修行の話を聞きに来てみてくださいね。

 

感動がほしいなら、心から感動の涙がでる修行、

成長やら進化を得たいなら真の進化が得られる修行、

さっぱり穢れを落としたいなら、落とせる修行が

ここにありますよ。

参加すると守護霊もすっごく喜びます!

 

まずは一度話を聞いてから、違うなと思えば去るのも自由、ここで安全で本物の修行を経験していただくのも自由です。