契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

はたらく細胞

【投稿者:はっぱ

みなさん!アニメ「はたらく細胞」観てますか?

人間の細胞は約37兆2千億個あり、休みなく活動しています。

細胞の数は60兆個ともいわれていますが、一つひとつ数えるわけにもいきませんし、どっちにしても膨大な数ですよね。

 

科学が発達した現代では、超高性能の顕微鏡やCGなどでからだの仕組みを理解できますが、

自分が意識しないところでこんなにも小さな、そしてものすごい数の細胞が生命維持活動をしてくれているなんて、本当に驚きとしか言いようがありません。

 

はたらく細胞」はそんな細胞たちを擬人化したアニメなので、実際の活動とは異なる描写もありますが、見ていて面白いし、ためになります。

それにしても、血小板ちゃんのかわいらしいこと!

細胞といえば、『霊魂イエス 下巻』の中にこんな記述がありました。

エス師が神霊の意識の中に侵入したときのこと。

 ~意識が、明確に、より澄んでくる。ほんの小さなことも理解しうるようになる。

 たとえれば、自分自身の肉体を構成する細胞の一つ一つの心を理解できるといった、

 そんな鮮明さである。~

 

 

いったいどんな意識なんでしょう。

地上の人間にはとても理解できないことですが、あえて説明するなら上記のようになるようです。

神霊界のことは、とても言葉や文字では表現できないそうです。

まったく想像すらできない世界ですが、憧れます。

 

『霊魂イエス』は、イエス・キリストの霊魂としての人生を語った本です。

広く、たくさんの方に読んでいただきたいと思います。

まずは、上巻からどうぞ。 

霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)

霊魂イエス 上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)

 

霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社) 

霊魂イエス 下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 

 

 

↓霊に関するアンケート実施中!↓ 

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2 

 ※会員の方はご遠慮ください