契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

『 幽体の悲劇 』の感想

【投稿者:かえで】

人の誕生から年老いて死に至るまでの間、各世代で起きる問題、トラブルなどが、なぜ起きるのか、

どう解決すればいいのかが、霊魂学の視点で述べられています。

子育ての時期、子供の肉体だけでなく、肉体と重なっている子供の幽体の意識のことを知っていれば、子供に対して違った対応をしたでしょう。

反抗期、思春期に、あんなにハラハラ、ドキドキせずに済んだことでしょう。

 

子供の幽体の意識のことが、『幽体の悲劇』の本の中にわかりやすく書かれています。

子育て中の方は、今よりもっと的確に、子育てできます。

 

若い方、働き盛りの方は、職場での人間関係、結婚等で、『幽体の悲劇』の本は、役立ちます。

 

年を重ねた方には、これからの行く末が具体的にイメージでき、不安がなくなります。

人間の一生が、霊的にどうなっているのかが、具体的にわかりやすく記されています。

 

自分自身がただの肉体ではなく、霊的生命体だと気づけるでしょう。

霊魂学を知ると、この世の価値観がすべてではないと分かり、生きやすくなると思います。

霊魂学をご存じない方、読んでみてください。

幽体の悲劇 - 人は幽体と共に生きている (MyISBN - デザインエッグ社)

幽体の悲劇 - 人は幽体と共に生きている (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 

 

 

↓霊に関するアンケート実施中!↓ 

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2 

 ※会員の方はご遠慮ください