契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

神社という観光名所

【投稿者:ひふみ】

職場の同僚が、旅行に行ってきた話をしていました。

行った先は西日本にある、有名な神社です。

「いっぺん、行ってみたかったのよー。」と言いますが、信仰心というより、観光名所として行ってきたようでした。

 

それを聞いた周囲の人達はみんな口をそろえて

「いいよねー、私も一度でいいから行きたーい!」と連呼。

「〇〇空港からどうやって行くのー?遠いのー?」と話は弾みます。

 

有名な神社仏閣は、今では信仰の場所ではなく観光名所です。

パワースポットとして、神社仏閣巡りをしている人達もいますが、純粋な信仰心からとは思えません。

ご利益を得たいから、何かいいことあるといいな、と思って行くのですよね。

  

神社は、正月ともなれば、年に一度しか詣でないくせに、ご利益を求める人達でごった返す場所。

そんな人たちの念で穢れ、汚い幽気で穢れ、ついに、自称神の邪霊が鎮座するようになった場所。

本物の神様のお使いは、とうに居なくなった場所。

今さら詣でるのは、わざわざ邪霊に狙われに行くようなものかもしれません。

そして、本来は神聖だった場所を、そんなふうにしたのは、生きている人間達です。

 

一度、神様について、神社について、そして神を信じることについて、真剣に考えて欲しい、霊魂学に目を向けて欲しいと

弾む話を聞きながら、喉まで出かかったのでした。

 

神社仏閣を訪ねたい人は、その前に水波霊魂学を学んでください。

霊的に正しい知識を持ちましょう。

本物の神様のお使いとつながる、きっかけとなりますように。

 

※神社仏閣について、以下の本をお読みいただくと、よく理解できます。Q&A方式で分かりやすく書かれています。

霊魂に聞くII - 宗教について高級霊魂は何を語るのか (MyISBN - デザインエッグ社)

霊魂に聞くII - 宗教について高級霊魂は何を語るのか (MyISBN - デザインエッグ社)

 

 

 

↓霊に関するアンケート実施中!↓ 

https://goo.gl/forms/1J3sU2MNoL8Ci8ax2 

 ※会員の方はご遠慮ください