契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

人間に自由意志はあるのか?

【投稿者:チビクロ】

結論から申し上げると

「自由意志」は存在するが、ただし、ほんの0.2秒間だけ

というのが現在の脳科学の見地であると思われます。

 

自由意志に関する論争を巻き起こした実験は、1983年にさかのぼります。

アメリカの生理学者ベンジャミン・リベット(1916 ~ 2007)は、
われわれがとある動作をしようとする「意識的な意思決定」以前に、

「準備電位」と呼ばれる無意識的な電気信号が立ち上がるのを、
脳科学的実験により確認しました。

平均的に、われわれが「動作」を始める約0.2秒前には、
「意識的な決定」を表すシグナルが現れます。

しかしわれわれの脳内では、「意識的な決定」を示す電気信号の約0.35秒前には、
それを促す無意識的な「準備電位」が現れているのです。

つまり、われわれが「こうしよう」と意識的な決定をする約0.35秒前には、
すでに脳により決断が下されていることになります。

つまり、0.2秒前に脳が下した決定を実行前に覆せれば
自由意志を行使できたことになますが、
逆に覆せなければ自由意志がないのと同じ結果となるのです。

興味深いのは2008年に発表された研究で、自由意志は幻想だという情報を与えられた
被験者は、モラルに反する動向を示すことが多くなるということです。

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/18181791

 

最新研究では、人は自由意志の存在を疑うと、不正行為に走り、
他人に協力することをやめる、といった傾向が強まることも報告されています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0010027716300427

 

よく宗教などでは

「人間は自由意志の行使によって罪を犯す」

という言い方をされますが、脳科学の見地からはむしろ

「人間は自由意志を行使しないことによって罪を犯す」

ということになるのかもしれません。