契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

『ネコの死後はどうなるの?』を読んで

【投稿者:三郎】

書籍『ネコの死後はどうなるの?』は、高級霊媒が書いた本です。

この物語は、フィクションではありません。

霊媒が、霊魂達からの通信を受け、一般の方にも分かりやすく、
物語風にまとめた本です。

 

ここに出てくる猫たちは、人間と会話をします。

会話と言っても、霊魂となった猫と、人間がです。

 

霊魂となった動物は、食べる機能がなくなる代わりに、知性が発達するそうです。

難しい言葉の意味は分からなくても、人間の子供程度の知能にはなるそうです。

  

霊魂となった猫たちが、天使のような猫に導かれ、地上に戻って来て大活躍します。

作戦会議を立てたり、悩んだり、時には猫らしくジャレ合ったり、
泣いたり、笑ったりします。

そして、ついには使命感に燃え、地獄のような世界に落ちてしまった他の猫たちを、
救い出そうとするのです。

あの、猫がですよ。

マンガなどで擬人化された猫ではなく、本物の、普通の猫がです。

身近に猫がいなければ、ユーチューブなどで猫を見て下さい。

あの可愛い猫たちがです。

ここまでは猫の話なのですが、人間が霊魂となった場合も、
果たして知能は発達するのでしょうか?

 

今、地上では、邪霊となった元・人間の霊魂たちが、暴れまわっています。

その中には、生前、科学者だった者もいるでしょう。

政治家だった者、軍隊を率いていた者、宗教家だった者、
天才と呼ばれていた者もいるでしょう。

彼らが、全身全霊で邪悪なことに向かった時、一体どうなるのでしょうか。

 

目には見えなくても、地上の状況がどんどんおかしくなっていることは、
さすがに私でも感じます。

とても、恐ろしいです。

でも、負けるわけにはいきません。

猫でも立ち上がったのですから。

私たちは、神伝の法を授けて頂いたのですから。

猫に「ハァ・・情けニャ〜人だニャ〜」と言われないように、
最後の最後まで、頑張ります。

 

ネコの死後はどうなるの? - ニャンコの救世主 (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20180722184014j:plain