契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

アインシュタインの脳 その2

【投稿者:どんた】

NHKで、アインシュタインの脳を摘出した医師と、その脳の特集 その2が
放送されました。

肉の脳に取りつかれた医師の生涯と、
分割され世界中にばらまかれたアインシュタインの脳の断片の行方と
その分析を扱った番組の続編です。

その中で、分析した科学者が、
アインシュタインの脳は人類の最先端に在る。」

と言ったのを聞いて、科学の狂気と傲慢を再度感じました。

彼等は脳の部位毎の大きさ、細胞の数を平均値と比較し、
その差が進化だと言うのです。

それがアインシュタインの意識と知性を創った、と。

その差を追い求めているのが科学だそうです。

真理を追い求めるのは悪いことではないし、その熱意も否定するつもりはありません。

最新技術で新たに分かることもあるでしょう。

でも私には、アインシュタインの脳に関わり、保管している彼等、彼女達は
アインシュタインの脳にとり憑かれているように見えました。

なんとも考えさせられた番組でした。