契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

死と向き合う

【投稿者:なおいー】

私が宗教的な世界、霊的な世界に関心を持ったきっかけは、
自分自身の「死」を強く意識するようになったからでした。

その後、「死んだらどうなるのか?」、「死後の世界はあるのか?」、
「あるとするなら、どのような世界なのか?」などの疑問が頭を離れなくなりました。

とても辛い経験ではありましたが、その結果、最終的に《契山館》に
辿り着くことが出来たのですから、それで良かったのだと思っています。

もし私が、「死」を強く意識することがなかったら、
私は無神論に陥っていたかもしれないからです。

私達は物質界での死から、誰一人逃れることが出来ません。

それが現実です。

でも私には、誰でも必ず肉体の死を迎えるという、その現実から目を背けて、
あたかも、この物質界で永遠に生き続けるとの幻想にとりつかれている方が
多いように思えます。

しかし、幸か不幸か、人生には嫌でも「死」を意識せざるをえない時があります。

身近な人の死、病気、事故、災害、戦争・・・。

誰でもこれらの不幸を避けて、幸せな人生を送りたいのが人情でしょう。

けれども、人間には、避け難い不幸に見舞われることもあります。

であるならば、その現実を、死後の《幽質界》でも通用する、真の幸福を掴むための、きっかけにしてほしいと願うばかりです。

幸い現代は、誰でもインターネットで検索が出来る時代となりました。

自らの死を意識すれば、多くの方が、《死後の世界》について検索なさると思います。

そうなれば、《契山館》に辿り着くことが出来る方も多いことでしょう。

一人でも多くの方が《契山館》と出会い、《水波霊魂学》を学び始め、
《神伝の法》の霊的トレーニングを始められますことを、願ってやみません。

 

《契山館千葉分会》では、集会の見学を受け付けております。

ご質問などもお受け出来ますので、ぜひ、お問い合わせの上、お越し下さい。

お子様連れでもお越し頂けますし、強引な入会勧誘などは一切行っておりませんので、

お気軽にお越し下さい。