契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

【投稿者:ひふみ】

私は雲を眺めるのが好きです。

といっても「あの雲、ソフトクリームみたい」と、
ほんわかした気分に浸るのではありません。

 

皆さんはアスペラトゥス波状雲というのをご存知でしょうか?

舌を噛みそうな名前です。

うねりのある雲なのですが、それはそれはすごい、
この世の終わりかと思うような雲で、初めて見た時には目が釘付けでした。

何やら終末をイメージさせる雲です。

これを見てしまうと、入道雲がまったく普通の雲に見えます。

2017年の世界気象デー(3月23日)に、世界気象機関の国際雲図帳に
新種の雲として登録されました。

【動画】雲に11の「新種」を追加、国際雲図帳 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

”アスペラトゥス雲”で検索すれば、ほかにもびっくりするような
雲の画像が見られます。

 

今のところ外国の空で見られているようですが、
そのうち日本の空でも見られるようになるかもしれません。

気象のことはよく分かりませんが、温暖化と言われるようになってから、
空を見上げると、見応えのある雲を見かけるようになった気がしています。

・・・そして日本には、幾度となく台風の雲がやってきます。

この時の空の様子にも、圧倒されます。

 

そんな雲ですが、雲や気象に関わられる高級な霊魂方も
いらっしゃるのだよなあ、とぼんやり思います。

もしかしたら宇宙で起こっている現象に関わられる
高級な霊魂方もいらっしゃるのかもしれない、と思います。

こんな大自然に作用できるなんて、ただただすごいなあ、と空を見上げて思います。

そして対照的に、人間はなんてちっぽけなんだろうと。

人間は地上にへばりつく蟻んこのようです。

私もそんな小さな蟻んこですが、高級霊魂方のお役に立つことを胸に、
霊的トレーニングに励むのでした。

灼熱の太陽、大雨、強風・・・日々、天気の霊的な意味を思いながら・・・

人間はどう生きるべきかを考えながら・・・

 

今日もどんな雲が流れているか、空を見上げる私です。