契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

免許

【投稿者:惣菜】

運転免許が必要になったのは、28歳ごろだったと思います。

駅に行くにも、市内の商店街に出るにも、距離がありました。

皮肉にも、県内のお店よりも、I県やS県のお店が近く、便利でした。

 

原付や普通免許を取得しても、運転が上手ではありませんでした。

 

その後10年くらい経って、運送会社へ入りました。

ちなみに、会にはこの時期に入会しています。

自分にとって、車を毎日運転できれば上手になるのではないかという
目的がありました。

しかし自分の車に毎日乗っていては、燃料費もかさみます。

 

その後、時折、体調が悪くなることもありましたが、
2t~4t車まで乗りこなして16年経ちました。

自分にとっては居心地の良い会社だったと思います。

しかし後々、ひどい会社であることが分かってきました。

社外へ仕事をまわしてはキックバック(お金)を受け取っていたりと
内々の事が分かってきました。

私は事務所にいることもありましたが、休みの運転手の代わりに
運転することもありました。

私が知らない時に事故が2件ありました。

また、私が退職してから友人と話す機会がありました。

社内で怪我人が続出し、常に3人は休み、
3人が怪我から治ると、また3人が怪我をするので
交代の人員を確保できず、休みの取れない期間が続いたと
言っておりました。

もしかしたら霊的にもひどい会社だったのかもしれません。

なぜだか分かりませんが、
私の祟りだという者もいて噂になっているとのことでした。

このような話を聞くと、
自分が在職中、仕事を無事でこなせたのは
修行や霊術の効果のおかげではないだろうかと思いました。

 

現在も車の運転が上達したわけではありません。

道路の凹凸に気付けないので道なりに走っています。

車に振動があり、気付きます。

眼は片方が見て、片方が距離を測っているそうです。

自分にはその部分が欠けているようです。

それにしても、よくトラックやアルミバンの運転が続けられたと
今振り返って、不思議に思っています。