契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

水波霊魂学を知っている方は28%

【投稿者:なおいー】

先日、広報部から発表された、
「霊魂についての意識調査」オンラインアンケート第2弾によれば、

「水波霊魂学を知っていますか?」との問いに対して、
「知っている」28%、「知らないが興味がある」22%、
「知らない、興味なし」34%、「関わりたくない」16%とのことでした。

 

これだけでは判断が出来ない面・・・
たとえば、そもそも広報部のHPをご覧の方に対する質問であることとか、
「知っている」が、名前を知っているということなのか、
中身を知っているということなのかなど・・・はありますが、

いずれにしても、知っている方が、28%ということは、まだまだ少ない、
と言わざるを得ません。

 

何とか将来的に
「水波霊魂学の名前を知っている方」が80%(1億人を対象者として8千万人)、
「水波霊魂学の内容を知っている方」が文字通り28%(同じく2千8百万人)、
「水波霊魂学を学んでいて、神伝の法の霊的トレーニングを実習している方」が
1%(100万人)くらいを目指さなければ、と個人的には思っています。

 

細かい点はともかく、注目すべきは、「知らないが興味がある」という方が、
22%おられることです。

これは、《水波霊魂学》を学ぶことが出来る日本の人口を1億人とすれば、
2千2百万人に当たるわけです。

まだまだ、私達の働きかけを、待っている方が大勢おられるということだと思います。

 

この数字を希望に、この先、何年でも何十年でも、この肉体が動くうちは、
《幽体》を鍛えることの重要性を、訴え続けて参ります。

倦まず弛まず、何度でも、いつまででも、訴え続けていこうと思います。

 

とにかく、今の時代を生きる私達には、
《神伝の法》の霊的トレーニングを行うこと以外に、
本当の意味で幸せになるための方法はありません。

《神伝の法》を行うことこそが、私達が救われるための唯一の方法だと言えるのです。

 

どうか、まずは、その事実を知って頂きたいと思います。