契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

焼肉屋さんで気が付いた、自分だけで考えすぎないこと

【投稿者:ヒカル】

(東北〇県への出張の際のこと)

展示会の初日が終わった。

 

展示会終了後、私を含め同業他社6人で夕食をすることになった。

この地方に詳しい某社のAさんの提案で、焼肉屋さんに行くことになった。

某駅から徒歩15分くらいのところにある、ビルの地下階にそのお店はあった。

時間は19時半を少し回ったところ。

しかし、地下の飲食店のフロアは、閑散としている。

お店は一杯あるのにこの静けさは一体なんであろうか?

当のお店も全く人が入っていない。

見渡すと私たちだけであった。

しかし、今日は一日、立ちっぱなしだったので、
味よりもともかく、座って何かを口に入れることが先決だった。

〜〜〜

 

人がいないことの功なのか、注文した飲み物、お肉が
すぐにテーブルに届けられた。

それにしても、お肉の美味さには驚きだった!

しかも運ばれてくるお肉、全ての種類が美味い!

 

食べ物にこだわりのない私は、お肉について周囲の人のように
知識がまるでなく、

どこの部位のお肉だか、牛なのか、豚なのか、鶏なのかも、
正直よく分からない物もあったが…

それでも、今まで経験したことのない美味しさに包まれたのだった。

お客の少なさのため、繁盛店にはどう見ても見えない。

だからこそ、期待をしてなかったのが良かったのだろう!

いい意味で期待を大きく裏切られたのだった。

〜〜〜

 

(空腹を満たすと)

みんなの疲れ切った表情も、たちまち笑顔となり、会話が活発になった。

今日の売上げや例年と比較した人の入り具合、

こうした方が良かったのでは?

この企画は来年はこうした方が良い。

そんな仕事の反省から始まり、お酒が力を発揮してからは、

それぞれの会社の近況報告になり、様々な不平不満へと話が発展していく。

他の人の話を聞いていると、自分の抱えている悩みが、
ちっぽけなことのように思えてくる。

「なんでこんなことで悩んでいたのだろうか?」

少しバカバカしささえ感じられるようになってくる。

そして、みんなが同じ人間として、同じように悩みを抱えながら、
生きているのだなと思えるようになってくる。

「みんなで頑張ろう」と、最終的には一体感みたいなものが
出来上がって、お開きとなり、
それぞれのホテルに向かって去って行った。

~~~

 

毎月開催されている契山館の支部集会は、非常に大切な役割を担っている。

霊的に高級な力をいただけるのは、穢れた地上においては、正に奇跡だ。

また、霊的な進歩向上を考える同志にお会いすることができる、
とても貴重な機会でもある。

目に見えない霊的なことは、分からないことも多いゆえに、
支部集会に参加して、先輩に悩みを相談してアドバイスをもらったり、

他の会員の方のお話を聞いて、
「同じような壁にぶつかっているのか」と共感したりして、

それまで重かった気持ちがいつの間にか軽くなる時がある。

そして、新たな気持ちで、霊的な進歩向上を目指して
頑張ることができる。

〜〜〜

 

さて、契山館への入会をご検討されている方は、
支部集会を見学することもできる。

霊的な分野に関心がある人は、是非、
最寄の支部集会に参加してほしいと思う。