契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

標本

【投稿者:伊衛門】

 

 

先日、東京の上野駅近くにある国立科学博物館を見学して来ました。

有名な博物館のようで、人がとても多かったです。

 

期間限定の展示として、標本を扱ったスペースが設けられていましたので、
見てみました。

植物や動物の標本作成や、それに関わる知識などが案内板に掲示されていて
人間の技術もよくここまで発達したなーと感心する一方、
慣れないせいか、何とも言えない奇妙な感じがして、
長時間見ることが出来ませんでした。

最終的な感想としては
「ここまでいろんな動植物を標本にして、何の意味があるのだろう?」
というものでした。

 

学問としての利用価値、将来の研究としての利用価値などのためかもしれません。

しかし、何となく違和感を残した見学となったのでした。

 

ただ、他の展示物は面白いものもあったので、
お時間のある方は行ってみても良いかもしれません。