契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

日本に生きる幸せ

【投稿者:なおいー】

 

現代の日本は特別な時代だと言えます。

なぜならば、現代の日本は、《神伝の法》という
特別な霊的トレーニング法が、神霊から降ろされている、
正にその時代だからです。

このような特別な霊的トレーニング法が、
これほどの規模でまとまって降ろされたのは、おそらく人類史上、
初めてのことだと思います。

この《神伝の法》の霊的トレーニング法を続けていけば、
人間の持つ霊的身体の内、《幽体》という、
この物質界や《幽質界(死後の世界)》での幸不幸に、
直接的に関わる身体を鍛え、成長させるだけでなく、
《霊体》という、更に高貴な身体をも、物質界に居ながら成長させることが
出来るそうです。

また、トレーニングが進んでいけば、《神体》という、
通常の人間では持ち得ない身体をも、発生させることが出来る可能性があるそうです。

 

これだけの、もの凄い霊的トレーニング法があるわけですが、
現在のところ、日本に住んでいなかったり、普通に日本語を理解する能力がないと、
習得するのは困難なのが現実です。

その内、《神伝の法》の存在が海外に知れ渡るようになれば、
海外から《神伝の法》を習得したいという方々が、大勢、来日されるでしょう。

海外に支部が出来るような時代になっても、本格的な習得は、
やはり日本でということで、長期間、留学されるような方も、多くなるでしょう。

どんな分野でも、外国が本場である事を、本格的に習得しようとすれば、
その国への留学を検討せざるを得なくなるものです。

 

私の仕事上の専門分野は、南ヨーロッパの、ある国が本場でしたので、
私はその国に6年間留学して、その専門技術を磨きました。

やはり、海外への留学というのは、その国の語学の習得から、
諸準備、諸手続き、そして、実際の現地での生活と、楽なことばかりではありません。

「こんなことなら、なぜ最初からその国へ生まれなかったのか?
 その国に生まれれば10倍楽だったのに」
と思ったことも、一度や二度ではありません。

しかし今は、その国に生まれず、日本に生まれて良かったと、心から思っています。

なぜならば、日本に生まれていなければ、現時点で《神伝の法》に出会って、
霊的トレーニングを行えていた可能性は、
限りなくゼロに近かったと思われるからです。

今、日本で生きておられる方は、その気になれば、
いつでも《水波霊魂学》を学び始め、
《神伝の法》を《霊的トレーニング基本研修会(日帰り研修)》や、
《神伝禊法》《神伝鎮魂法》の合宿研修で習得していくことが出来ます。

本当に、海外の方には申し訳ないのですが、今、日本にいらして、
日本語が理解出来る方は、100倍も1000倍も恵まれていると思います。

それなのに、このチャンスを生かせないとすれば、
こんなに残念なことはありません。

何としても、人生最大のチャンスを、今こそ、掴んで頂きたいのです。

とはいえ、どんなに文字を読んでも、それだけで《契山館》が本物であるとの、
確信を持てるものではないかもしれません。

やはり確信というものは、最初からあるものではなく、
経験・体験を積みながら、徐々に深めていくものだと言えるでしょう。

 

私自身もそうでした。

ですから、《契山館》にご興味をお持ちでしたら、ぜひ、
まずは全国の《支部集会・分会集会》へ、見学にお越し下さい。

そして、ご質問や疑問点などがおありでしたら、
ご遠慮なくお尋ね頂きたいと思います。

《契山館》では、強引な勧誘等は一切行っておりませんので、
ご安心頂きたいと思います。

その上で、ご興味が深まりましたら、あくまでも、ご自由なご意思で、
入会されて、様々な体験を積まれると良いと思います。

それでも、ご納得がいかなければ、退会はご自由で、引き留めもありません。

また、年会費や研修費用なども、常識の範囲で、
明示されている以外の費用は一切かかりません。

寄付や奉仕活動の義務もありません。

戒律のようなものもありませんが、
伝統的な宗教に形式的に関わっている場合を除き、
他の宗教団体や、その類似団体に所属されている方は、入会出来ません。

ぜひ、ご連絡をお待ちしております。