契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

日本国債は暴落しない?

【投稿者:チビクロ】

以前日本のテレビ番組で、ある有力政治家が
「借金が1000兆円あっても日本政府としては、何の問題もない」
という趣旨のことを発言されていました。

その根拠は
「日本国債は日本人によって所有されているので、投売り=暴落は起こらない」
ということでした。

果たしてこれは本当でしょうか?

現在800万人を超える団塊の世代が、2016年以降順次、
年金受給者となっていますが、この年金問題が、
日本国債の暴落の強い発火点として待ち構えています。

1000兆円を超える財政赤字を抱えた日本政府が、税収から、
この年金の不足分を出費する事は、不可能に近いと考えられます。

「日本国債は日本人によって所有されているので、投売り=暴落は起こらない」
とする論理は、楽観的過ぎるのです。

日本国債の所有主は日本の大手金融機関であり、
国内最大手のA銀行の投資コンサルティングは、
外資の国際的金融機関のB銀行が担い、
国内メガバンクのC銀行等の経営権もB銀行が掌握しているのが現状です。

そもそも日本人でも日本の金融機関でもない外資のB銀行が、
日本国債だけは「善意から」投売りを行わないという考え方は
楽観的というよりも、妄想に近いのではないでしょうか。

B銀行はリーマンショックの際に、世界的な不況が引き起こされた中、
唯一莫大な利益を上げた金融機関としても知られています。

デリヴァティブ・ヘッジファンド等を通じ、
日本国債先物売りが劇的に始まると、国債の信用不安が起こり、
国債の価格は下落することになります。

国債の価格下落=暴落は、利回りの上昇となって現れ、
利回りと価格は、反比例する事になります。

現在、1兆円の国債を所持している銀行では、1%の価格下落=利回り上昇で、
100億円の損失を出す結果となります。

日本の大手都市銀行も含め、国内の機関投資家は、リスク回避のために
10年物国債の価格が下落し、利回りが一定の水準に達した場合、
コンピューターの自動売買プログラムによって
全ての国債を売却するように設定しているのが一般的です。

いわゆるストップ・ロスと言われるものですが
これは自動売買プログラムであって、人間の意志・感情の入り込む余地はありません。

「日本国債は大部分、日本人が持っているのであるから、
 愛国心から投売りするはずが無い」
という感情論は、この時点で無意味となっています。

この日本の大手銀行や機関投資家による日本国債の投げ売りによって、
日本国債は大暴落することになります。

これにより、預金を日本国債の形で大量に保有している日本の金融機関は
ことごとく破綻の危機に陥ることになるのです。

いわゆるとりつけ騒ぎです。

その破綻を防ぐために日本政府は、大量に紙幣を発行して日本の銀行を救済します。

一方、一般の預金者に対しては、
預金保険で保護される1000万円を超える預金は、保証されません。

2000万円、3000万円以上の預貯金を持っている高齢者は
多数、存在するため、ここで高齢者は生涯をかけ働き蓄積してきた預金を失い、
泣く事になります。

他方大量の紙幣発行によるインフレで円の価値は暴落します。

これにより一般のサラリーマンの銀行預金の実質価値=購買力は暴落し、
長年の勤労の成果が一瞬にして「奪われる」のです。

これを日本政府の側から眺めた場合、
国債の暴落により国の借金は大幅に圧縮され、
日本政府が新たに紙幣を発行して、
日本の金融機関が持っている「暴落した」日本国債を、
「全て、一括して」買い上げることで事実上、借金の踏み倒しが可能となります。

冒頭の有力政治家の発言のとおり、借金が1000兆円あっても
日本政府としては、何の問題もないことになるのです。

ですが、ここで私が申し上げたいのは、政府の批判でも経済分析でもありません。

これは、あくまで日本国債が暴落した場合を想定した
仮想のシミュレーションですが、実際に起こった場合、
心の平静を保っていられる方はどれだけいらっしゃるでしょうか?

多くの人がその状況を受け入れることができずパニックになったり、
破産して、中には首を吊ったりする人も出てくるかもしれません。

そういった心理的な深いショックが霊的カルマとなって
幽体に刻み込まれることが、最大のリスクであり、問題の本質なのです。

状況は、状況です。

この世界ではいろんなことが起こります。

この世界で生きていくには、適切なリスク管理を行いつつ
強靭なメンタルを培う必要がありますが、それと同時に
心理的な深いショックを和らげるための対策も必要です。

(1)適切なリスク管理を行うには、
信頼できる情報源から経済、社会、金融などに関する情報収集を
こまめに行って、投資であれば
リスク分散などを心掛けることが重要になります。

(2)強靭なメンタルを培うには、
潜在意識である幽体のオーラを強化する必要があります。
幽体のオーラが強化されれば死後上の世界に行くことがほぼ確定するため、
死を恐れる必要すらなくなります。

(3)心理的な深いショックを和らげるためには、
幽体の霊的カルマを解消する必要があります。
幽体の霊的カルマを解消することで、多少の出来事では動じなくなり、
立ち直りも早くなります。
また人間関係のトラブルも減っていきます。


(1)はご自身でやっていただくしかありません。
(2)は、契山館で「神伝鎮魂法」を実修することで実現できます。
(3)は契山館で「神伝禊法」を実修することで実現できます。


ですので、今のうちから人生のリスク管理の一環として

契山館 で
「神伝鎮魂法」や「神伝禊法」を学んでいただければと思います。

大切な友人、知人の方がいらっしゃれば
その方もお誘いあわせの上、
ぜひ一度お近くの契山館支部、分会にお越しください。

お待ちしています。(^^)

 

『神伝鎮魂法』 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

神伝鎮魂法 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

 

『神伝禊法』: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

神伝禊法: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)