契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

1週間フレンズ

【投稿者:チビクロ】

『1週間フレンズ』は、葉月抹茶による漫画作品で
『月刊ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス)で
2011年9月号で読み切り掲載、2012年2月号から2015年2月号まで連載されました。

2014年時点で、累計100万部を突破し、同年テレビアニメが放送されました。

また同年11月には舞台公演も行われ、
さらに2017年2月には実写映画が公開されました。

私は話題になっていた映画の方を見たのですが
以下簡単にあらすじを書いてみたいと思います。

高校生・長谷祐樹(山﨑賢人)は、いつも一人きりでいるクラスメイトの
藤宮香織(川口春奈)と仲良くなりたいと思い、彼女に近づこうとしますが、
彼女はそれを頑なに拒みます。

その理由は、「1週間で友達との記憶を無くしてしまう」からでした。

最初裕樹は、何度アタックしても「無理」と突っぱねられるのですが、
香織が拒絶する本当の理由は、記憶をなくしてしまう自分と関わったら、
相手にとって負担になったり相手を傷つけてしまう恐れからでした。

彼女がそうなったのは、過去のトラウマが原因でした。

小学生時代、クラスの中で一番モテた男子と仲の良かったことが元で
親友だった女子たちから非難され、無視されるようになり、
そのショックから香織は記憶を失ってしまったのです。

そんな彼女に対し、裕樹は
「自分は全然負担に思わないし、嫌になったりしない。
 たとえ毎週忘れられても、毎週『友達になってください』って言い続けるよ。」
と言います。

変わらぬ姿勢を貫く裕樹に対し、香織は少しずつ心を開くようになり、
忘れられてもすぐに思い出せるように二人は交換日記を始めるようになります。

そしてその後香織は、小学生時代、クラスの中で一番モテた男子との
再会など紆余曲折を経て、

香織は記憶喪失の原因を思い出し、乗り越え、
香織の症状は改善の兆候を見せていきます。

それでも完全には治りませんが、最後に彼女の方から裕樹に対し、

「いままで断ってばかりでごめんなさい。私と友達になってください。」
といって彼女が裕樹に握手を求めるところでこのドラマは終わります。


このドラマを見て、いろいろ学ぶことがあると感じました。


たとえ自分が忘れられても、
相手のことを無条件に受け入れる姿勢をもって接することで
相手の抱える心理の課題が改善に向かっていく可能性があること

そのことを通じて、相手との信頼や絆が芽生え、
相手がトラウマを乗り越える勇気をもらえること

そしてそのすべての根底にあるのが
相手のことを心から好きと思える感情なのではないかと
私はこのドラマを見て感じました。

もしかすると、恋愛感情というのは
深いところではカルマ(トラウマ)の解消のために
引き起こされているのかもしれません。


このドラマの主題歌になっている
スキマスイッチの『奏(かなで)』という曲の中で
一番心に残っている歌詞があります。

「君が僕の前に現れた日から、何もかもが違くみえたんだ。
 朝も光も涙も歌う声も、君が輝きをくれたんだ。」

心から好きと思える相手と出会った人にしか書けない
歌詞だと思います。

この曲のPVは、ユーチューブで9150万回という
驚異的な再生回数をたたき出しているところからも
この歌に共感する方が大勢いらっしゃるのだと思います。


私はこの歌詞を聞いたときに、遠い昔の恋愛感情と一緒に
ふと契山館の神伝禊法合宿のことを思い出しました。

神伝禊法というのは、霊的カルマを解消するための修行法ですが
この合宿に参加すると、言葉では表現できないのですが

まさに、上の歌詞の「何もかもが違くみえたんだ」
という言葉が一番私の中でフィットします。

もしかすると、自分で気付かないうちに
神霊をはじめとする高級霊魂方と出会って意識の奥が
変化しているのかもしれません。

未熟な私には、見えない神霊のことは分かりませんが
契山館の神伝禊法合宿に参加するということは

もしかすると、神霊と出会って霊的カルマを解消していく
究極の恋愛が始まるということなのかもしれません。

神霊と交際を開始するには
お互いに意志表示をする必要があります。

契山館は、神霊とあなたをつなぐ仲介の役割を担っています。

自分の人生に向き合い、
過去のカルマを解消することを真剣に考える方は
一度契山館の門を叩いてください。

ただし全員受け入れられるわけではなく
礼を失する方は入会を断られることもあります。

また一度入会しても、礼を失する方は、退会になることもあります。

それは、この会に入会するということは
その人を神霊の前に出す(紹介する)ということだからです。

神霊と交際を開始したい方は、真摯な気持ちと適切な礼儀をもって
契山館の門を叩いてください。

神伝禊法合宿でお会いできる日をお待ちしています。

契山館の入会手続はこちら 契山館入会案内