契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

不安ばかりの将来をどうしよう

【投稿者:ヒカル】

バスケの練習が終わり、ファミレスでみんなで食事をする。

いつしか話題は仕事のことになる。

「うちみたいな会社って、近い将来たくさんの人がリストラされるかもしれないな。
 大手のメガバンクや証券会社では、もうそんな動きが出てきているけど、
 ロボットやAIが今後普及すると、ますます人がいらなくなるよ。
 お金を右から左へ流して、金儲けするなんて仕事は、
 もともと褒められたもんじゃないからね。仕方ないか・・・」

「うちの職場は逆だよ。人手が全然足りなくてさ。外国人に働いてもらっているよ。
 彼らは真剣に仕事を覚えようとするし、精神的に強いよ、芯が強い。
 いくら怒鳴ったって、食らいついてくるしね。

 日本の若いのなんか、少し厳しくすると、すぐに辞めちゃうんだ。
 近い将来の日本は人口減少が大きな問題になるらしいけど、
 規制緩和して、外国人労働者が働きやすい環境にすれば、
 大丈夫なんじゃないのかな・・・」

「そもそも会社ってどのくらいの数、日本にあるのだろうね。
 もう日本って、経済の伸びしろがないんじゃないかと思うよ。
 必要のないサービスを提供する会社が一杯あるけど、来年は増税したら、
 確実に人が物を買わなくなるから、その時に会社も淘汰されるんじゃないの。」

「俺、リサーチして分かったんだけど、日本に今、
 外国人観光客がたくさん来ているけど、彼らは昔と違って、
 金持ち旅行者ではなくて、結構、カツカツの旅行者だよ。
 だから、そんなに物を買わないし、外国人旅行者の経済効果も
 そこまで期待できないんじゃないかな。」

 

将来について、みんなたくさんの不安を抱えているようだ。

自分の会社を振り返っても、社会に貢献しているか疑わしい。

あってもなくても、そんなに困る人はいないだろう。

スポンサーがどんどん撤退しているのも、うちの商品に価値が見いだせなく
なってきているからだろう。

そこへきて会社は売上げを上げたいがため、スポンサーに迎合する。

今度は真の顧客である読者が敏感に反応して、部数を落としていく。

悪い循環にいつの間にか入ってしまった。

ファミレスでの仲間との雑談が、重要な問題を提起してくれた。

~~~

 

霊的な分野についても将来的な不安がある。

それは地上に住む人間がどんどん真の「信仰」から遠ざかっている
ということだ。

「信仰」を失った地上の霊的な環境は悪くなる一方である。

あなたの霊的な身体は、どんどんと悪い状態になり、
他界後に低い霊的世界に入る。

このままではどうなってしまうのだろう…

 

霊的に高い力が下りる空間が存在して、あなたの霊的な身体がその力を受け取る、
そして霊的な進歩を目指す。

はるか昔の日本は、そういう国だったとのことである。

(聖なる書『神体』では、真の信仰に生きる日本人の姿を知ることができる。)

 

『神体』: 偉大なる魂の生涯

神体: 偉大なる魂の生涯

 


契山館がなくなってしまえば、霊的に高い力が下りる場所が
地上に存在しなくなるであろう。

それは地上の人間の 真の不幸を意味する。

そうならないためにも、私の長くない人生を懸けて頑張るしかない。