契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

輝ける時をどこに設定するか

【投稿者:ヒカル】

帰宅のために電車に乗ると、珍しく座ることができた。

しばらく得られた自分の時間。

YouTubeを観ることにした。

 

「某ロックスターNさんが、突然の引退を表明して、
 世間を大きく驚かせている」

もう2年ほど前の、エンタメニュースの映像を再生してみる。

某有名タレントさんが、ニュースにコメントしている。

「ああいう人って、ナルシシズムがあるじゃない。
 年齢と共に自分が思い描いた姿から変わってしまうことに耐えられないのでは」

なんとなく言っていることにピンときた。

Nさんは日本のロック界のカリスマ。

抜群のルックスと、透明感のある甘い歌声を持ち、
伝説のロックバンドのボーカルとして、キャリアをスタートさせた。

 

当時、テレビにはほとんど出演しなかった。
(今もそのスタンスは変わらない)

にもかかわらず口コミで、バンドの格好よさが急速に広まって、
爆発的な人気を獲得した。

バンド解散後、ソロ活動に入っても人気は衰えるどころか、

さらに新たなファンを獲得して、日本のロック界に不動の地位を築く。

 

思い起こせば私が中学生の頃、このバンドをはじめて観た時の
興奮はいまだに忘れられない。

今までにない格好の良さを感じたものだった。

他のバンドとは一線を画していた。

当時、学園祭のライブでは必ずと言っていいほど、
学生バンドが真似して演奏していたし、

明らかに髪形をNさんに似せて学校に登校する者がいた。

さらには制服をNさんのステージ衣装に近づけようとしたが、
度を越え過ぎて職員室に呼び出された者もいた。

今となってはそれぞれが微笑ましい思い出だが・・・

このバンドが若者に絶大な影響力を持っていた時代があったのである。

 

Nさんが追い求めた理想像。

それはファンが望んでいる理想の「Nさん像」でもあった。

 

Nさんは、とてもストイックに、その理想を追求してきたのであろう。

しかしそれを追い求め続けるには、人間は年も取るし、体の不調も出てくる。

永遠に若くはいられないのだ。

しかも理想は永遠に理想のままだ。

 

その後、本当の引退の原因は、耳の不調であると、あるコンサートで
Nさんは観客に語るのであるが、

しかし、その原因が明かされる前の有名タレントさんのコメントも
概ね的を得ていたように思える。

 

YouTubeを楽しく観させてもらった。

 

~~~

人間の肉体は老いるのである。

肉体はいつか死を迎えるのである。

平均寿命がいくら伸びても、この物質界を100年ほどで去らねばならない。

人生には輝ける時期があるであろう。

しかしそれは永遠の輝きではない。

それではあなたはどこに永遠の輝きを見出せばいいのか?

霊的身体、幽体にである。

肉体に別れを告げ、あなたは幽質界に戻っていく存在である。

永遠とも言える霊的な世界で
あなたの幽体から輝ける幽体オーラを放ち、
輝ける幽質の世界に到達すること。

それがあなたの真の幸福への道である。

それを見据えて、今のあなたの人生を設計し直してほしいと思う。