契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

キリシタン大名

【投稿者:チビクロ】

日本の歴史教育ではキリシタン殉教者の迫害の悲劇について教えています。

ですが、あまり知られていませんが、信長にしても秀吉にしても、
キリシタンに対しては最初は好意的だったのです。

しかし秀吉に宣教師たちの植民地への野心を見抜かれて、
だんだん危険視するようになり制限を設けるようになりました。

神社仏閣の破壊や日本人を奴隷として売りさばく事などが
秀吉の怒りに触れて弾圧するようになったのです。

徳富蘇峰の『近世日本国民史』の初版に、
秀吉の朝鮮出兵従軍記者の見聞録がのっています。

キリシタン大名、小名、豪族たちが、火薬がほしいばかりに
女たちを南蛮船に運び、獣のごとく縛って船内に押し込むゆえに、
女たちが泣き叫び、わめくさま地獄のごとし』。

 

またキリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、
天正少年使節団として、ローマ法王のもとに行った際の報告書には、
次のような記載があります。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。
ヨーロッパ各地で50万もいるという。
肌白くみめよき日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、
奴隷らの国にまで転売されていくのを正視できない。
鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、
もともとなれど、白人文明でありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。
ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、
インドやアフリカまで売っている』

豊臣秀吉は、この奴隷狩りを止めさせるために、
イエズス会の司祭、コエリュに詰問しています。

ポルトガル人が多数の日本人を奴隷として購入し、
彼らの国に連行しているが、これは許しがたい行為である。
従って伴天連(キリシタン時代のカトリック司祭)は
インドその他の遠隔地に売られて行ったすべての日本人を日本に連れ戻せ。』

秀吉からの詰問にたいする、コエリュの反応は極めて傲慢で、
高をくくった返答でした。

このやり取りで、秀吉は激怒し、奴隷売買禁止令を発します。

世に言う豊臣秀吉伴天連追放令です。

それが、その後の徳川家康の治世にも引き継がれ、
キリシタンの大迫害・殉教の嵐が続く、厳しい鎖国時代の幕開けとなったのです。

キリシタン大名天草四郎があれだけ最新鋭の鉄砲で武装できたのも、
奴隷狩りの豊富な資金があったからです。

彼らは現在の絵や小説やドラマに描かれているような
ムシロ旗に竹槍の武装などしておらず、鎧を着て、銃で武装した
武装集団だったのです。

戦前までは、この事実はよく知られていたそうです。

ですが、戦後はあべこべに日本人がキリスト教徒を迫害したのだと
教科書で教育しています。

奴隷貿易で子供や女性を連行されたのは日本人の方であるにもかかわらずです。

これが、日本が戦争に負けたということの意味です。

歴史はつねに、勝者の手によって書き換えられていくのです。

もちろん、だからといって
無実のキリシタンの迫害をしてもいいということにはなりません。

ですが、日本人は、キリシタン殉教者の悲劇を語り継ぐことはあっても、
かの少年使節団の書いた50万人の悲劇を、
火薬一樽で50人の娘が売られていった悲劇をどうして
語り継ごうとしないのでしょうか。

キリシタン大名たちに神杜・仏閣を焼かれた悲劇の歴史を無視し続けるのでしょうか。

戦後の日本、そしてとりわけ現在の日本は
霊的に危機的な状況にあると言われています。

広島・長崎に原爆が投下され、戦後物質主義の西洋文明が日本に普及したことで
古き良き日本の伝統文化や、日本人がもともと持っていた
神仏に対する素朴な信仰心が損なわれてしまったこともあると思います。

ですが、もしかすると
過去にしっかりと向き合ってこなかった
私たち自身の責任も大きいのではないかと思います。

だれかに与えられた知識や餌で満足し
何が真実かを自分自身の手で追及しようともせず生きてきた結果が、

今の日本の霊的な危機をもらたす要因になったのではないでしょうか。

過去にしっかりと向き合うということは、自分の人生に全責任を負うことであり

広い意味では過去世のすべてに、責任を負うということでもあります。

キリシタン大名に身を売られ、異国の地で奴隷にされた方たちの受けた
心の傷は、正直想像できません。

ですが、そのときの傷が遠因となって、現在再生されている方も
いらっしゃるのかもしれません。

他人の話、他人の責任ではなく
自分の責任として、過去を見つめ直すことが

本当の意味で日本の霊的な危機を救う力になるのではないかと、
個人的には考えています。

契山館 では、現世だけでなく、過去世の心の傷を癒す方法として
「神伝禊法」という霊的修行法をお伝えしています。

この霊的修行法を通じて、一人でも多くの方が心の奥の傷を癒し

霊的な意味で、真の再生を果たしていただくことを
心からお祈りしています。

『神伝禊法』: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

Kindle版もあります。

神伝禊法: 新時代の霊的トレーニング