契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

パレスチナ問題

【投稿者:チビクロ】

イスラエル建国当時、イスラエル人は
1丁10万円程のピストル3丁=30万円を購入し、
深夜イスラム教徒=アラブ人=パレスチナの農家に「強盗」に押し入りました。

パレスチナの老人、子供、農民夫婦全員を皆殺しにし、
あるいは銃で脅迫し追い出し、5000万円相当の、
農家と広大な農場を奪うのです。

一晩で、30万円が5000万円に化ける、
1日で170倍、年率換算で620万%の高配当ビジネスです。

これが中東問題の深層であり、中東戦争とは、
極めて高配当の「投資」ビジネスなのです。

パレスチナ人が住み、耕していたパレスチナの農地の93%が、
こうして軍事力でイスラエルに奪われて来ました。

住民であるパレスチナ人が全員追い出され、
村全体がイスラエルに奪われた村は、531に上ります。

アラブ人がイスラエルと、イスラエルを軍事支援する米国に憎悪を抱き、
アラブ世界=中東で指導力を得ようとするシリア、イラン、イスラム国等が
イスラエルと米国に対し敵対政策を取り、戦争が起こる根源が、ここにあります。

米国は、このイスラエルに対し多額の軍事援助を行っています。

アメリカの資金援助によってイスラエルが核ミサイルを持ち、
奪われた土地をアラブ人が取り返そうとすれば、
核ミサイル攻撃を受けるという脅迫行為が行われる結果となります。

620万%の高配当の「土地略奪」ビジネスで得た資金が、
イスラエル軍事産業からアメリ軍事産業への支払いに使われます。

この支払いによって、アメリカの国家産業=軍事産業
アメリカ国家の財政が運営されてきました。

土地と家族の命を奪われたパレスチナ人の嘆きによって、
世界の覇者アメリカが豊かな生活を送る構図は、当時も今も変わりません。


中東での戦争によって原油が暴騰し、ガソリン価格が高騰すると、
中東の油田を支配している米国の石油企業が、莫大な利益を得ます。

軍事産業と石油産業は、アメリカの国家事業なのです。


アラブ諸国の動乱で、金儲けする者達が存在しているというのが、
世界経済と国際政治の現実です。

土地と家屋を奪われたイスラム教徒が激怒し反撃を行うと、
それを「テロ」と呼ぶ欧米諸国の偽善が、ここにあるのです。

2015年、安倍首相がイスラエルを訪問し、イスラエルと共同し
「テロ」と戦うと宣言した事が、
日本人の人質殺害となる事態を引き起こしたことは記憶に新しいと思います。

国際政治の現実に関する無知の代償はあまりに大きいのです。

日本の外務省が退避勧告を出している国への渡航
できれば思いとどまっていただきたいと思います。

ですが、一方で彼らは私たちの敵ではないということも
理解していただきたいと思います。

アメリカが敵だというつもりはありません。

アメリカに原爆を落とされたという現実はありますが、
日本はアメリカに戦後守られてきた面もまた、
国際政治のもう一つの現実としてあるからです。

どこの国か、あるいはだれかが敵だから私たちが苦しむのではなく

本当の苦しみの原因は、私たち自身の霊的カルマにあります。

私たちに霊的カルマがなければ、この世界には生まれていません。

そしてその霊的カルマを解消するためにこそ
苦しみは必然として私たちの身に迫ってくるのです。

この世で生じた霊的カルマは、この世でしか解消できません。

それが、私たちがこの世に生まれた理由です。

そして、霊的カルマは物質的な手法で解消することはできないのです。

たとえあなたが敵と争い、戦って勝ったとしても
霊的カルマはそのまま残っています。

あるいはもっと重くなるのかもしれません。

それが次の生でさらなる苦しみを引き起こすことになります。

そういう繰り返しをすることで
私たちは今のこの世界の悲劇を創り出してきたのです。

どこかでこの負の連鎖を止める必要があります。

負の連鎖を断ち切るために必要なのは、勝ち負けでも正義と悪の戦いでもなく
霊的カルマの解消にこそあります。

契山館 では、
霊的カルマを解消するための、霊的修行法をお伝えしています。

自分の人生を真剣に見つめ直したい方は
ぜひ一度、お近くの支部集会、分会までお越しください。

お待ちしています。