契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

スプーン曲げ

【投稿者:ひふみ】

昔、「スプーン曲げ」が流行った時期がありました。

私も子供の頃、超能力者だという人がスプーンをぐにゃりと曲げるのを
テレビで見て、マネしてスプーンを持ってきてやったことがあります。

結果は、スプーンには何の変化もありませんでしたが。

中には、「あれはトリックだ、力で曲げられる」と言う人もいます。

確かに、小さいスプーンなら、力で曲げられないこともありません。

でも本当にぐにゃりと曲がるとすれば、
それは、霊的に良いことではありません。

肉体と幽体を接着している「間気」と呼ばれるものが体の外に漏れ出ると、
物質にも作用できるようになります。

心霊研究ではこれを、「エクトプラズム」と呼んでいるようです。

半物質、半幽質のため、超能力に使われるそうです。

しかし、本来自分の体の中になければいけない接着剤が外に漏れ出てしまえば
肉体と幽体の接着が弱くなり、幽体が肉体からずれやすくなり、
不道徳な霊魂にとって、悪戯するための良いカモになります。

だから、スプーン曲げなんて、やってはいけないことなのです。

 

スプーン曲げの説明についてはここまでにして、
先日、とても驚いたことがあります。

東京都内には、芸術系の大学がいくつもありますが
そのうちの、ある一つの大学では

選択必修科目に、右脳を活性化させて芸術活動につなげるという目的で
授業でスプーン曲げを行う科目があるそうです。

その科目では、UFOを呼んだりもするそうです。

やってはいけない超能力開発が、ついに大学の講義に登場・・・

しかし、幼児教育でも、超能力開発を行うところがあるのだから、
ほかでやっているのもあり得る話です。

幼児教育での超能力開発については、以下の記事をご覧ください。

「危険な幼児教育」

 

しかしまあ、大学の授業でそんなことをやっているとは、呆れてしまいます。

一体何を教育しているのでしょうか!(怒)

 

学生を将来的に不幸にするための講義です。

上に書いた通り、右脳の活性化でおさまる話ではないんですから。

スプーン曲げには学生の間気が使用されるのです。

不幸にも成功してしまった学生は、繰り返し言いますが、
接着剤である間気が減ったために、幽体が肉体からずれやすくなり、
邪霊や不道徳な霊魂にいたずらされやすくなり、
それが霊的障害を招き、確実に学生の将来を暗いものにするのです。

将来というのは死後も含めて、です。

 

また、UFOを呼ぶつもりでも、その思いは宇宙人には届きません。

幽体をまったく鍛えていない状況では、その思いは、霊的に低い、
邪霊や不道徳な霊魂にしか届かないと思って間違いありません。

現れるのはUFOでも宇宙人でもなく、学生をカモにしようとする悪い霊魂達です。

邪霊にとって、UFOや宇宙人は人間をいいように操る
便利なアイテムと映ることでしょう。

ただでさえ霊的な環境が悪化しつつあるというのに、
スプーン曲げもUFOを呼ぶのも、自ら霊的な不調を招く行為でしかありません。

 

こういう事実を知ると、何事も、水波霊魂学を学んで、
何が危険か、何をやってはいけないのかを知り、

その上で、学問でも芸術でも仕事でも取り組むようにしないと、
いつか必ず、霊的な危険にはまってしまう、
と思いました。

このブログに辿り着いた大学生、大学の先生方は
まずはスプーン曲げも、UFOを呼ぶのも、すぐにやめてください。

水波霊魂学を知り、超能力開発の危険性を、
ぜひともご理解いただきたいと思います。

そのために、以下の著書をおすすめします。

『霊的能力の謎』 - 霊能力者、霊媒の真実 (MyISBN - デザインエッグ社)

霊的能力の謎 - 霊能力者、霊媒の真実 (MyISBN - デザインエッグ社)