契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

在宅介護の現実

【投稿者:チビクロ】

2006年2月1日、京都市伏見区桂川の遊歩道で、
区内の無職の長男(事件当時54歳)が、認知症の母親(86歳)の首を絞めて殺害、
自身も死のうとしたが未遂に終わった
「京都・伏見認知症母殺害心中未遂事件」をご存じでしょうか。

一家は両親と息子の3人家族でした。

1995年、父親が病死後、母親が認知症を発症。

症状は徐々に進み、10年後には週の3~4日は夜間に寝付かなくなり、
徘徊して警察に保護されるようにもなりました。

長男はどうにか続けていた仕事も休職して介護にあたり、
収入が無くなったことから生活保護を申請しましたが、
「休職」を理由に認められませんでした。

母親の症状がさらに進み、止む無く退職。

再度の生活保護の相談も失業保険を理由に受け入れられませんでした。

母親の介護サービスの利用料や生活費も切り詰めましたが、
カードローンを利用してもアパートの家賃などが払えなくなり、
長男は母親との心中を考えるようになります。

 そして2006年真冬のその日、手元のわずかな小銭を使って
コンビニでいつものパンとジュースを購入。

母親との最後の食事を済ませ、思い出のある場所を見せておこうと、
母親の車椅子を押しながら河原町界隈を歩く。

やがて死に場所を探して河川敷へと向かったのです。

「もう生きられへんのやで。ここで終わりや。」という息子の力ない声に、
母親は「そうか、あかんのか」とつぶやく。

そして「一緒やで。お前と一緒や。」と言うと、「すまんな、すまんな。」と
傍ですすり泣く息子にさらに続けて語った。

「こっちに来い。お前はわしの子や。わしがやったる。」

その言葉で心を決めた長男は、母親の首を絞めるなどで殺害。

自分も包丁で自らを切りつけて、さらに近くの木で首を吊ろうと、
巻きつけたロープがほどけてしまったところで意識を失った。

それから約2時間後の午前8時ごろ、通行人が2人を発見し、
長男だけが命を取り留めました。

京都地裁は2006年7月、長男に懲役2年6月、執行猶予3年(求刑は懲役3年)を
言い渡しました。

裁判では検察官が、長男が献身的な介護を続けながら、
金銭的に追い詰められていった過程を述べました。

殺害時の2人のやりとりや、
「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介すると、
目を赤くした裁判官が言葉を詰まらせ、
刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返りました。

判決を言い渡した後、裁判官は
「裁かれているのは被告だけではない。
介護制度や生活保護のあり方も問われている。」と長男に同情しました。

そして「お母さんのためにも、幸せに生きていくように努力してください。」
との言葉には、長男が「ありがとうございます。」と応え、涙をぬぐいました。

(参照 https://www.dailyshincho.jp/article/2016/11161130/?all=1

それから約10年後の2015年。

新聞記者が、介護殺人に関するシリーズ記事の一環として
この長男への取材を試みましたが、彼はすでに亡き人になっていました。

判明した死因は自殺でした。

琵琶湖大橋から身を投げたといいます。所持金は数百円。

「一緒に焼いて欲しい」というメモを添えた母親と自分のへその緒が、
身につけていた小さなポーチから見つかりました。

地獄を味わった彼の言葉やその後の人生が、在宅介護に限界を感じ、
絶望している人への何らかの助けになるのではないか。

そう考えて必死に動いた記者を待っていた、悲しすぎる結末でした。


私は今、泣きながらこの文章を書いています。

「もう一度母の子に生まれたい」と思いながら、
やむにやまれず母の首を絞める息子。

そして自分を殺そうとする息子を許し、受け入れ、愛する母親。

その母親への愛を胸に自殺する息子。


その深い愛ゆえに在宅介護の道を選び、その結果、社会から拒絶される息子。

裁判官の言うように、本当に裁かれているのは
私たちの社会そのものなのかもしれません。


私たちが普段接する相手は、
体が動き、記憶のある人がほとんどなのかもしれません。

ですが、体を動かすことができない人、記憶のない人がいることもまた事実です。

その人達や、在宅介護をする人たちは、私たちにくらべて圧倒的に、
他の人と関わる可能性は減ってきます。

その結果、ほとんどの人から知られることもなく、追い詰められていくのです。

できればそういった方たちは
まわりの誰でもいいので頼っていただきたいと思います。

大切な家族を守るために、たくさん周りに迷惑をかけてほしいと思います。

迷惑をかけていいのです。

本当に大事なことは、他人に迷惑をかけないことではなく
死後の世界で幸福になることです。

人はいずれにしてもいつかは死にます。

死後の世界で幸福になる準備をしないで死ぬことが、もっとも大きな問題なのです。

もし悲劇の結末を迎えたとしても、死後の世界で幸福になる準備をしておけば
死後に再会して共に幸福になることができます。

在宅介護で追い詰められている方がいらっしゃれれば、

ぜひ一度お近くの支部集会にお越しください。

お待ちしています。