契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

蚕 振袖を見て思うこと

【投稿者:ひふみ】

美しい絹糸の元になる蚕の繭。

蚕は、幼虫時代に人間から桑の葉をもらい、大きくなると、繭を作ります。

そして、そのほとんどが、繭の状態で、絹糸の材料になるために死を迎えます。

一部の蚕は、卵を産むために、そのまま成虫になります。

蚕は人間から餌をもらわないと生きては行けません。

餌がなくなっても、自ら逃げ出すこともしないからです。

仮に外に置かれたら、その白い色からすぐに補食されてしまうし、
枝に張り付いていることもできず、地面に落ちてしまうそうです。

また、成虫になっても、彼らには羽を動かす筋肉がないため、
飛ぶことができません。

そして口はあっても、何も食べることができません。

そのため、二日程度しか生きられず、その間に卵を生んで死んでいくのだそうです。

 

もともとは、普通の蛾でした。

それが、品種改良によって、逃げられず、
枝に張り付いていることもできず、羽ばたけず、
何も食べることができないようになりました。

牛や豚や鶏以上に家畜化されてしまった、哀れな虫、蚕。

そんな蚕から作られる絹糸のおかげで、
今年も新成人たちが、美しい振袖を着飾ります。

見事な着物を見ると、手間暇かけて染めた職人さん達の苦労もさることながら
それ以前に、一体どれくらいの蚕が犠牲になったのだろうと
思ってしまう私なのでした。

 

地上の人間は、自分たちの生活や贅沢のために、
他の生物の命を都合のいいように扱ってきました。 

しかし、人間がただ漫然と生き、霊的にどんどん低くなる一方では、
他の犠牲になった生き物たちが浮かばれないのではないでしょうか。

新成人のあなたが、霊的に進歩し、高級になればこそ、
他の生き物たちにとっては、
より高級な生命体の役に立てた一生だった、となります。

新成人の人達には
犠牲になった他の生き物のためにも、
人間としてどう生きるべきか模索していってもらいたいと
思っています。

その時に、水波霊魂学は、あなたに色々なことを教え、考えさせてくれるはずです。

水波霊魂学に目を向けてくれる新成人が、多数出てくれることを願います。

それから、振袖のためにお金を出してくれた、ご両親への感謝も忘れずに!

ガンバレ!新成人!

f:id:kzkct:20181121210905p:plainby ERK

 ※ ↑ 演歌歌手ではありません