契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

教育費

【投稿者:ひふみ】

教育費は高い。

私立大学文系だと、一般的な学費は年100万円ちょっと,
私立大学理系だと百数十万円、芸術系の大学だと年間200万円。

現在の国立大学の学費は、年間¥535800ですが、
今後、値上げされるという話もあります。

もしも、子供を私立の大学付属の小学校から大学までの一貫校に行かせるとなると、
非常に高い教育費がかかります。

最近の、私立大学の定員数厳格化により合格が難しくなったことで、
大学付属校への受験熱が高まっているようですが、
皆、よく頑張るなあと思います。(経済的に)

我が家も、子供たちの年齢が教育費が最大限にかかる時期になり
親のすねは細る一方。

かじられても倒れないよう必死に頑張るしかありませんが、ため息が出ます。。。

 

そしてこの時期、
同時にかかるようになるのが、「霊的教育費」だと思います。

霊的トレーニングである神伝の法を授かるための合宿費用などのことで、
我が家ではこう呼んでいます。

中学や高校時代は、霊的トレーニングに関心が持てなくても
大学生になったら、そろそろ身を入れてやってもらいたい
ということで、この大切な「霊的教育費」も準備が必要です。

それでも、大学にかかる費用に比べたら微々たるものです。

このお金をケチったばかりに、我が子が将来、
他界後に下の世界にまっさかまに落ちました、というのでは
悔やんでも悔やみきれません。

かといって、無理やり強制、というわけにもいかず、
納得してもらうために日々、
霊的トレーニングや霊魂学を学ぶ必要性を説く努力が要ります。

あんまり言うと、理屈では理解してもらえても、うるさがられます。

 

大学等の学校教育は、高い学費をかけて卒業させても、
学んだことがモノになるかどうかは、人によりけりなので、
分かりません。

けれども、神伝の法を授かるための費用、つまり「霊的教育費」は
確実に、子供の将来の幸せにつながるものです。

それを思えばぜんぜん高くない金額だと思います。

上の世界に入って苦しまずに済むのであれば
むしろ安い金額と言えるでしょう。

目には見えませんが、貴重な財産となります。

世の親御さん達には、この「霊的教育費」を出し渋らないでほしいと
思います。

もちろん、親御さん自身の自己投資としても素晴らしいものだと思います。

ぜひとも、契山館について詳しくご覧になってみてください。

霊的世界への探求  「契山館」