契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

保護主義という潮流を越えて

【投稿者:ヒカル】

(電車に乗っていたら)

目の前の席が空いたので座ろうと思った。

降車駅まで遠いわけではないが、昨日、大人げなく
運動し過ぎてしまったため、筋肉痛がひどい。

ほんの少しでも座りたかった。

そんな束の間の瞬間に、
どこからともなく現れた年輩の女性が、
席にドンと腰を下ろしてしまった。

なんだかとても腹立たしい気持ちになった。

申し訳なさそうに座るとか、会釈して座るとか、
少しでもそういう謙虚な姿勢が見られれば、
私も進んで席を譲ったであろうに…

自分のことしか考えていない、横柄な態度に無性に腹が立った。

私は争い事を好まないので、結局、
その場で何も言うことはできなかったが、

そういう自分の甘さも、後になって悔いることになった。

 

こんな出来事に限らず世相も、自分のこと、自分の家族や身内のこと、

自分たちだけが良ければそれでいい、
そんな考えが昔より蔓延しているように思う。

 

だが少し考えてみると、実はみじかな問題だけではなく、
世界の潮流がそうなってきていると思えてきた。

 

アメリカでトランプ氏が大統領になって以来、

保護主義」と言う言葉をよく聞くようになった。

自国の産業を保護するために、他国からの輸入品に
高い関税をかけることを意味しているのであろうが、

この流れが世界中に蔓延して
1930年代には大恐慌になったことがある。

すぐにそこまでは進む兆候は今のところないにせよ、

米中の貿易摩擦はとても深刻だし、
世界が保護主義的な傾向を強めているのは事実であろう。

自国の利益を最優先に考えよう、自国が良ければそれでいい、
という思想が強まっている背景が、マクロの流れとしてあって、

実はミクロの個人的な考え方もその大きな流れに
汚染されてしまったかのように思える。

グローバリズムと言って、モノ、ヒト、カネが
国境を超えていく一方で、

保護主義という考え方が台頭している今という時代に、
複雑な心境を抱いてしまうのであった。

 

自国の産業の保護を目的として、
他国との溝が深まっていく流れに大きな懸念を抱くのは、
大恐慌の到来を予感してのことではない。
(それも遠からずあるかもしれないが)

国々が対立していく流れにおいて、
世界には無数の攻撃的な念が飛ぶことが何より心配になる。

その念はたくさんの人々の霊的な身体=幽体を傷つけることになる。

それは霊的な身体の不調を引き起こし、
ついには死後、下層の幽質界に落ちてしまう可能性が高くなる。

地上時代が真の不幸の出発点になってしまう恐れがある。

そんな構図を私はとても心配しているのである。

(現代の聖なる書「幽体の悲劇」を、たくさんの人々が読むべきだと思う)

 

『幽体の悲劇』: 人は幽体と共に生きている Kindl版

幽体の悲劇: 人は幽体と共に生きている

 

『幽体の悲劇』 - 人は幽体と共に生きている (MyISBN - デザインエッグ社)

幽体の悲劇 - 人は幽体と共に生きている (MyISBN - デザインエッグ社)

 

しかし、あなたが日本人であったことは、この上なく幸いであった。

 

念への対処法が存在しているからである。
「神伝の法」がそれである。

『神伝禊法』: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)
Kindl版もあります。

神伝禊法: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

あなたが真の幸福を手に入れることを私は強く望む。