契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

2年前の今頃

【投稿者:なおいー】

 

 

2年前の今頃、私は《契山館》に入会するかどうか、日々、
心が揺れていました(2019年2月4日記)。

2年前の購入記録を見ますと、2017年1月21日に、
初めて《水波一郎先生》のご著書《龍》を注文し、到着したのが1月23日で、
その日のうちに一気に拝読しました。

正直に申し上げると、その時は、人間が霊的に進歩・向上するために、
《幽体》を鍛える必要があるということが理解出来ませんでした。

私はそれまで、宗教的な教義を学んで反省行や瞑想を行ったり、
善行や愛行の実践に努めていれば、人格・霊格が高まって、
幽体も成長し、霊的に進歩・向上すると信じていました。

ところが、《水波霊魂学》によれば、それらを実践しても、
肉体意識の人格が高まるだけで、《幽体》は成長せず、
霊的に進歩・向上することはないというのでした。

しかし、他の部分には共感出来て、感動のあまり、何度も頬を涙が濡らしました。

そこで判断に困った私は、もっと《水波一郎先生》のご著書を読んでみようと思い、
2月の中旬にかけて、ほぼ1日に1冊のペースで、
当時、出版されていた全20冊を拝読しました。

長年、本物の宗教を求め続けてきていたので、1日でも早く《契山館》のことを、
もっと知りたいという一心だったと思います。

ただ、言い換えれば、20冊を拝読するまで、入会の決心がつかなかったわけで、
20冊を読み終わっても、まだ迷いはありました。

それというのも、私は《契山館》の前に、いくつかの宗教団体や、
その類似団体と、深く関わりを持っていたのですが、いずれも、
その表向きの顔とはかけ離れた実態に、失望させられていたのです。

そのために、再び、宗教的な組織に入ることについては、
かなり強い抵抗感があったのです。

それでも、迷っていても始まらないので、まずは一般会員として入会して、
行事等に参加してみようと決意しました。

正直な話、入会しても退会は簡単らしいので、場合によっては、
すぐに退会すれば良いとの思いがあったかもしれません。

2017年の3月に入会手続きをし、4月から一般会員となった私は、早速、
ご本部の霊的調査、守護霊調査、指導霊調査、過去世調査を受けました。

そして、続けて霊的調査に基づいた、
《幽体》や《幽気》の状態を改善するための《霊術》をお願いしたのです。

そうしたら、明らかに今までの自分とは違う自分が活動したような、
不思議な感覚がありまして、今まで、
自分で幽体とか霊的な意識だと思っていた部分は錯覚で、
全ては肉体意識内のことであったと納得がいったのです。 

その後、2017年の4月22日には、初めて《契山館》の
《静岡分会集会》に参加しました。

受付を済ませて着席した私は、《契山館》は本物だと確信しました。

なぜならば、集会場のその空間には、目には見えませんが、私が長年、
求め続けていた何かが、確かに存在していることを確信したからです。

翌日の4月23日には《東京支部集会》に参加しましたが、
東京でも前日の静岡と同じ確信が得られましたので、もはや、
疑いようがありませんでした。

そこで私は、《契山館》で本格的な修行をさせて頂こうと決心し、
その日のうちに、一般会員から修行会員への変更をお願いしました。

その後は、まだ日は浅いものの、本格的な《神伝の法》の霊的トレーニングを
始めさせて頂き、現在に至っています。

 

アマゾンで販売されている《契山館》の書籍、ホームページの記事などは、
いずれも、かけがえのない価値を持っていると言えます。

しかし、本当の《契山館》の凄さ・素晴らしさは、行事や研修会に参加したり、
ご自身で《神伝の法》の霊的トレーニングを行ってみないと、
実感出来ないものかもしれません。

 

私は今、《契山館》に入会して、本当に良かったと思っています。

その思いは私にとっては絶対的なもので、疑う余地はありません。

しかし、私には、私の思いが真実であると、客観的に証明することは出来ません。

全ては私の錯覚だろうとか、洗脳されているのだろうと思われる方に、
そうではないことを証明する術もありません。

それでも私は、《契山館》は本物であると主張せざるを得ません。

《契山館》以外に、私達に真の霊的な救いと希望をもたらせてくれる所を
私は知りませんし、《神伝の法》の霊的トレーニング以上に、
確かな霊的な進歩・向上を実感させてくれる修行法を、私は知らないからです。

私が他の宗教等で数十年間行ってきたことは、《契山館》の数日間の研修内容に、
遠く及ばないものだったのです。

 

《契山館》では、東京、千葉、群馬、静岡、名古屋、大阪、福岡で、
定期的に《支部集会(分会集会を含む)》を開催していて、見学も可能です。

開催日時等を各支部・分会へお問い合わせの上、ぜひ、お越し下さい。

ご質問等がおありの方も、ぜひ一度、足をお運び下さい。

《契山館》では、強引な勧誘活動や、退会を希望される方への引き留め等は、
一切、行っておりませんので、ご安心頂き、お気軽にお問い合わせ下さい。