契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

禁断の木の実

【投稿者:はっぱ】

実の付いた小さな金柑の木を買ってきて庭に植えたのが2年前。

その年と翌年は実は青いままでしたが、この冬は黄色く色づきました。

 

甘味はあるのかな?と思ったことはありましたが、観賞用ですし、
手入れもしていませんので、食べようとは思いませんでした。

 

ところが先日、齧られているのを発見したのです!

猫?いやいや猫ちゃん金柑なんか食べるかな?

それとも鳥?くちばしで突いたというより、齧ったように見えるんですよね。

誰が食べたのでしょうか?

 f:id:kzkct:20190219211959j:plain

写真は齧られてから数日経ってから撮りました。

食べてみたものの、きっと美味しくなかったのでそのまま放置したのでしょう。

 

ところが、写真を撮った翌日、食べられた実が丸ごと無くなっていて、隣の実が

少し齧られていたのです!

 

数日経って、少し甘みが出たのでしょうか?

それとも違う誰かが味を知らずに齧ってしまったのでしょうか?

 

犯人はともかく、どんな味なのか気になります。

自分で食べてみればいいのですが、なかなか勇気が出ません。

「この木の実は食べてはいけない」と禁じられたわけではありませんし、
リンゴでもないんですけどね(笑)

 

もう少し様子を見て、また齧られたらちょっと味見してみようかと思います。

 

  *    *    *    *    *

 

禁断の木の実については、旧約聖書に記述があります。

神話は一部霊感による真実が混じっているものの、
多くは古代人の理性と信仰によって書かれた物語です。

 

人類の誕生については『神体』をお読みください。

『神体』: 偉大なる魂の生涯 (MyISBN - デザインエッグ社)
Kindl版もあります

神体: 偉大なる魂の生涯 (MyISBN - デザインエッグ社)