契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

来るべき時代のエッセンス

【投稿者:ヒカル】

これからどういう時代が到来するかと言うと、
次のような風になるらしい。

ある専門家が言っていた。

『今という時代は価値観が変化する過渡期に来ている。
 「モノ」から「体験」に、「所有」から「共有」に、
 「有形」から「無形」に、「量」から「質」にシフトしている。
 形のあるものに価値がなくなり、形のない体験が価値を持つようになる。
 これから人々がお金を使うのは、「体験を提供しているサービス」
 ということになるだろう。
 そして、仕事とは自分と周囲の人を幸せにするためのものである』

今後の資本主義社会の行方を表現した言葉であったが、
よくよく考えてみると霊的な価値観への移行のことを
表現していないだろうか?

「神伝の法」は、人類全てに共通した究極の体験だ。

『神伝禊法』: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)
Kindl版もあります

神伝禊法: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

 

『神伝鎮魂法』 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

神伝鎮魂法 - 幽体の救い (MyISBN - デザインエッグ社)

 

なぜなら真に高貴な方々と、未熟な己が接点をもてるかどうかの
勝負だからである。

また、一人だけが霊的な進歩を目指せばいいわけではない。

霊的な生命体としての我々全てが、「神伝の法」をとおして、
霊的な進歩を目指す必要がある。

次第書はあるが、一人一人のご神霊への信仰が絶対に必要だ。

そして、行法をただこなせばいいというわけではない。

短い時間でも集中して、行法に専心するのである。

 

人類の究極の体験としての「神伝の法」は正に、
これからの時代を牽引する地上の秘宝となるであろう。

一人でも多くの人が、地上に生きている間に、「神伝の法」を授かり、
己の霊的な身体を成長へと導き、そして、
まだ「神伝の法」を知らぬ者達を導いていかなければならない。

そのように私は思う。