契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

卒業

【投稿者:はっぱ】

3月と言えば卒業シーズンですね。

卒業式に合唱曲を歌うのは今も昔も変わらないようです。

 

私が小学生の時は「仰げば尊し」を歌っていました。

ずいぶん古いですね(笑)

 

自分の子どもの卒業式では「旅立ちの日に」や
アンジェラ・アキさんの「手紙」などでした。

流行りのJ-POPを歌うこともあるそうで、
時代と共に合唱曲も変わっていくのだなと思ったものでした。

そしてここ数年、「あなたへ」という曲が歌われているそうです。

歌詞がなかなかすごいという話を伝え聞いて、私も聴いたことがなかったので、
早速ネットで調べて聴いてきました。

 

確かに重いというか、心が揺さぶられました。

「あなたへ」は、もともとは「時の女神」といいう合唱組曲の最終曲で、
単独で卒業式に歌われることが多くなったそうです。

 

子どもの頃を振り返ってみますと、学校生活は楽しいことよりも、
辛く悲しい記憶の方が多く甦ってきます。

しかし、今の子どもたちの置かれている環境は、
昔よりずっと厳しい状況になっているのではないだろうかと感じています。

 

もし興味がおありでしたら、「あなたへ」聴いてみてください。

 

卒業を迎えた皆さんが、新しい世界で飛躍できますように。