契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

見えるとは?判るとは何か?

【投稿者:どんた】

ある夜、歩いていて夜空を見上げると月が天頂に煌々と輝き、
その周りに雲を纏い、神秘的な姿を見せていた。

暫くその風景に魅せられた私はその後、スマホのカメラで月を撮影した。

後でその姿を観たいためだ。

 

ところが次の日に写真データを見ても、夜の月に感じた
『神秘的な風景』や『雰囲気』が全くなかった。

 カメラという『機械の眼』と自分の『肉の眼』では同じ対象物でも
『映る景色は異質』なのだと実感した時だった。

 

人間の眼では霊魂は見えないのも同じで
『見える原理』が別だということを実感した1枚だった。

 

『科学で魂を計測する。』『科学であの世の存在を証明する』等々が
成功した試しがないのも当たり前だと思う。

その前に何をもって測定できたと言えるのか?

何をもって証明完了なのかさえ分かってないのだから・・・

f:id:kzkct:20190328183457j:plain