契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

酒場のドン・フェルナンド

【投稿者:ヒカル】

これだけ本屋さんには書籍が並んでいるのに、

自分が吸い寄せられる棚は、だいたい決まっている気がする。

 

何となく手を伸ばした先には、サマセット・モームの書籍があった。

「こんなタイトルのモームの本もあったのか?」

黄色の装丁、それだけで、他の書籍より一際、目立っている。

「ドン・フェルナンドの酒場」がそれである。

世界各国を旅したモームだが、その中でもスペインには随分と
惹かれていたようだ。

旅行記のような内容になっていて、少し読んでみると、
一瞬のうちにモームの文章力の中に引き込まれてしまった。

 

モームをはじめて読んだのは、高校の頃だったと思う。

ある教師からの薦めだったことを記憶しているのだが、

その本は「月と六ペンス」であった。

画家のポールゴーギャンをモチーフにした本作には、
今までなかったくらいの読書の楽しみみたいなものを
感じてしまった。

 

(内容を少し書こう)

株の仲買人をしていた主人公のストリックランド。

家庭仲も良く、平穏な生活を送っていたのに、
いつしか絵画の魅力、いや魔力の虜になってしまう。

自分の内面に湧き起こり、手放そうにも手放せない
想いみたいなものを、キャンバスに表現しようと苦闘する。

「魂の苦悶」みたいに訳されていたように思う。

家族を捨て、職を捨て、結局、俗世を捨て、画家に転身するわけであるが、
自分の魂を揺さぶる何かを表現するために、もがき苦しむ。

クライマックスは南太平洋のタヒチ

遂にそこで自分の求めていた作品を完成させるに至る。

その作品は、「人間の原始性」とか「魂の本質」、「本源的なもの」、
「人類の創世」みたいに形容されていたかと思う。

この世の言葉で表現できないもの、という意味だろう。

しかし、その壮大な作品も、あっという間に焼失してしまうのだが。

 

この「作品の焼失」というのが、深い意味を持っているように
私には当時、映っていたと思う。

人間の不可解性を描いた作品であり、モームの作品全編に、
そのテーマが描かれているのである。

 

 

「ドン・フェルナンドの酒場」は旅行記っぽさを醸し出しているから、
ライトなタッチで描かれているかと思いきや、

モームの抱くテーマがしっかり表現されていて、
読んでいて、とても深みが感じられる作品だ。

単なる旅行記ではなく、明らかに「作品」だと思う。

だから、軽くは読めない。

 

昔、モームは「通俗作家」とか言われていたのを聞いたことがあるが、
全然、そんなことはないと思う。

しかも現代の作家に比べれば、よっぽど「作家」だし、
作品は後世にずっと残るだろうことを考えると
「文豪」と言っても過言ではないように私は思う。

 

ドンキホーテ」の作者セルバンデス、スペインの有名な画家エルグレコ
その他にも著名な者の人物論が展開されているし、
そこには深い人間洞察が見られるのは興味深い。

単なる文字から、スペインという国に読み手の私が存在しているかのように
感じられてくるのだから、書き手は凄いなと思う。

 

 

スペイン滞在中にモームがよく行く酒場の店主、ドン・フェルナンド。

彼は骨董集めを趣味にしているのだが、
ある時、モームが絶対に気にいると思い、古い蔵書を仕入れてくる。

しかし、当てが外れてモームはその本を全く好まない。

買うつもりは全くないし、いくら値段を下げても買わない。

モームは他の骨董品が気に入り、購入するのだが、そのおまけに
遂に蔵書も譲り受けることになる。

 

ある時、パラパラとこの蔵書をモームがめくっていると、
案外、面白かったことに気がつく。

その内容を簡潔に言ってしまうと、見栄や名声を気にしているような人物が、
戦争で深い傷を負ってしまったことを機に、
今までの人生をあらため、正反対にある信仰の道に進むことになる。

ここにはモームのテーマである人間の不可解性が
しっかり表現されている。

 

 

思えばモームの作品の中に見られる、人間の不可解性にはこんな面がある。

「人間の絆」「剃刀の刃」にも描かれるが、
俗なる生活から一転、痛烈な体験を境に、登場人物は信仰や神の道へと
人生の歩みを変えていくことである。

おそらくモームは人間の本質を、信仰・宗教、芸術、哲学の分野に
見ていたのではないだろうか?

 

 

今生きていて思うのは、地上の信仰のゴールは
契山館にあるということだ。

ご神霊やキリストへとつながる
真の信仰の道が実在しているからである。

信仰へと至る道は、求める人には多数、用意されていると思うが、
真の信仰に向かうのはいつだろうか?

それが「今生」であると、今のところ言い切れないのが残念だ。

 

「二本足の霊魂」: 人間と霊魂の歴史 (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190426220212g:plain

  「神伝禊法」: 新時代の霊的トレーニング (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190426220531g:plain