契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

この世の常識は、あの世の非常識

【投降者:三郎】

死後の世界を信じている人も、信じていない人も、死後は皆、
「物質の世界」から「幽質の世界」へ移行することになります。

そこはおそらく、地獄のような世界でしょう。

まさかぁ〜私には関係ない、などとは思わないでください。

あなたは一度でも、「幽体」を健全に保つ為の「霊的トレーニング」を
行なったことがあるでしょうか?

「幽体」とは、死後の世界の「幽質界」で使用する身体のことです。

地上で生きていた時に犯罪を犯しても、「幽体」が健全ならば、
上の方の「幽質界」に入ることになります。

そこはとても過ごしやすい幸せな世界です。

愛の心で、どんなに人のために尽くして生きても、「幽体」がボロボロならば、
死後は下の方の「幽質界」、地獄のような世界に落ちることになります。

とても受け入れがたい話だとは思いますが、残念ながらそれが真実です。

死んだ後にまで辛い目に遭わないように、
この世の常識とあの世の常識はまったく違うということを前提にして、
今を生きる必要があるのです。

『霊的生命体として』 - この世の常識はあの世の非常識 (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190409205859g:plain