契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

求道

【投稿者:いちか&ばちか】

皆さん、毎日食事していますね?

もちろん私達もしています。

恐らく、余程の理由があったり、何らかの信念があったりする人を除いて、
殆どの方は毎日何らかの食事をしていますよね。

でも、もしも、その食事をしなくとも良いようになったとしたら、
皆さんどうでしょう?

とても楽になると言う方々が多いと思います。

何しろ、食べるために働いているのです。

食べるために、傍若無人な態度の上司にも頭を下げるのですから、
食べなくても生きていけるとしたら、働く目的も変わるはずです。

もしかしたら、働くことを放棄してしまう人も出てくるでしょう。

 

最近は、テレビやインターネットが発達したおかげで、
想像を膨らませると言う機会が少なくなったような気がします。

 

日々のお仕事に疲れたら、ふと、この記事の事を思い出して、
仕事の事を考えることから抜け、想像を膨らませて下さい。

 

食べなくても良くなったとしたら…そう考えると、
ふと気付く事があると思います。

「もしかしたら、食べる事は、本当に求めていた事じゃなかったのかもしれない。
 それは、求めていたんじゃなくて、ただ、生命の維持機能として
 必要なだけだったんだ」と。

 

私達はダメ人間なので、食べる事にとっても興味があるのです。

でもそれは、もしかしたら、ただ単に、肉体の維持のため、
食欲と言う必要だった機能に付加価値を付けただけの欲求であって、
本当に求めていた事じゃないんじゃないか…そう思うと、
何となく食べる事への興味が和らぎます。

 

この記事をご覧になってる皆さんは、どんな事への欲求がありますか?

 

例えば、私達の知人には、車が趣味の人がいます。

お給料が入ると、車の部品代にして、新しい部品を買うことに喜びを感じています。

買っても買っても、車は、自身が求める最高の状態にはなりません。

でも、もしもそれが、一瞬で到達出来る上、
お金なんかが一円も必要無いとしたら、その知人は何を求めるでしょうか?

 

皆さんが欲しいと思っている物や、事柄を思いながら、
同じように想像してみてください。

 

では、さらに想像を膨らませてみましょう。

 

もしも、皆さんが一番求めている物が、今すぐに一瞬で出来てしまい、
食べる必要もなく、寝る必要もなく、どんなに動いても疲れず、
病気にもならないので、死なないとしたら、皆さんはどんな事を求めるでしょうか?

 

さて、少し想像力が必要になってしまいました。

でも、何となく空想に浸ってみてください。

さて、そんな世界に行ったとしたら、皆さんは何を求めるでしょうか?

 

空想に浸ったら、ふと、これを思い出してください。

「もしかしたら、私が求めていたと思うことは、実は全部叶ったら、
 何も求める必要が無いものだったんじゃないか?」

実はそれが言いたかったのです。

 

これは空想のお話ですので、「そんな事、実現不可能だ!」と言う
現実世界のお話は抜きにしましょう。

 

そうなのです。

実は、その空想の世界では、もう求める物は何も無くなってしまったのでした。

 

さて、そんな世界が、何万年も続くと考えてみて下さい。

いかがでしょうか?

少し退屈が過ぎますね。

なにせもう、欲しいものは一瞬で全部揃ってしまい、
叶えたいと思ったことが、全部叶ってしまったからです。

 

実は、これは実話の世界でした。

それが、皆さんが数十年後に行く、死後の世界です。

水波霊魂学では、そこを「幽質界」と呼んでいます。

 

今、このお話をここまで読んでいただいた方々の中では、
何らかの信仰があると言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

そうした方は、幸いです。

何故ならば、それが唯一、死後の世界で叶わない事になるからです。

「神様にお会いしたい」

これが、死後の世界、幽質界では叶わない欲望なのでした。

 

神様は、もっと上の世界にいらっしゃり、幽質界ではお会い出来ません。

欲しいと思っていた物が全て一瞬で手に入り、食べなくても死なない、
病気にもならない、生前、欲しかった事は全部叶ってしまう、
地上で天国と言われるに等しい場所なのに、神様には会えないのです。

 

実は、神様は、皆さんが肉体を持っていたその時に、お会いできたのです。

それは契山館の、神伝の法を通じてだけ、お会いできたのです。

 

この世は辛いです。本当に辛い世界です。

傷付いても、傷付いても、生きる事を止めることが出来ません。

欲しいものも、満足に全て手に入るなんて事は決してありません。

それが現実です。

 

でも、神様だけがいらしたのです。

そしてそれは、神伝の法に降りていたのです。

それが現実です。

 

それは、他の欲求が全て叶う、死後の世界には、
決していらっしゃらない神様が、こんなに不自由な世界にだけ、いらしたのです。

こんなに不幸しかないこの世に、降りて下さっていたのです。

 

皆さんの欲求は、神様にお会い出来ることを除いて、
数十年後に他界してから、必ず手に入ります。

でも、神様にお会い出来るのは、この世だけであり、それだけが、
この世の最大の素晴らしさです。

 

今、絶望した方、不幸を嘆く方、死にたいと思うことは、悪い事ではありません。

だって、こんなにも不幸な世界なのですから。

だからこそ、私達は皆さんに、声を大にして言いたいのです。

「どうか、どうかこの世でしか叶わない事、神様にお会いできるまで、
 死なないで下さい」と。

 

今は、自殺される人が本当に多いのです。

その方々は、どれだけ絶望したか、どれほど、苦悩したか、
本当に苦しかったと思います。

苦悩しても苦悩しても、どうしようもなかった、だから自殺を選んでしまったのです。

でも、そんな世界にだけ、神様は、いらしたのです。

苦悩したら、「神よ!何故だ!」と、神に怒りを露にして構いません。

その中で、どうかこの記事の事、思い出してください。

 

神様は、あなたが生きている、この世界の、神伝の法にだけ、いらっしゃるのです。

神に怒りをぶつけられるのも、神に愛を向けるのも、神伝の法でしか出来ません。

この世の謎は、神伝の法を通してでしか分かりません。

あなたの絶望は、神伝の法でしか癒せません。

 

どうか、亡くなる前に、あなたに届きますように。

どうか、亡くなる前に、あなたが神伝の法へと、たどり着きますように。

 

あなたに、神霊の御光が、ありますように。

この世でしか、叶わない事をするためだけに、私達と一緒に生きてください。

 

あなたに、ぜひ読んでいただきたい本があります。

 

「霊魂イエス」上巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)

「霊魂イエス」下巻 - 霊魂の世界から人々を導く (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190426223534g:plain