契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

風船

【投稿者:いちか&ばちか】

 

ある時、どこかで子供が、優しいおじさんに風船を貰いました。

風船は、まるで生き物のようでした。

風船は、守護霊と言いました。

 

子供は、風船が大好きでした。

風船も、子供が大好きでした。

子供は、お父さんやお母さんよりも、風船が大好きでした。

風船は、子供がこちらを向いている限り、愛し続けました。

子供も、風船も、たった一本の糸で繋がれただけでしたが、
それで十分お互いに、お互いを愛していました。

 

子供も随分成長してきました。

子供は、この頃から風船よりも、好きなものが出来ました。

それは「友達」でした。

 

風船は、浮かんで、ただ、子供を愛していただけでした。

でも、友達は言葉を沢山喋ってくれます。

見たこともないオモチャも貸してくれるのでした。

友達は、とても良い人でした。

でも、友達は風船を持っていませんでした。

 

ある日、友達が子供に言いました。

「君の片方の手は、ずっと何かを掴んでるね。一体何を掴んでるの?」

子供は答えました。

「風船だよ。生まれたときからずっと一緒に居てくれるんだ」

 

友達には、子供の風船が見えませんでした。

ですので、優しい友達は可哀想に思って、こう言いました。

「僕には、そこに風船は無いように思うよ。
 でも、僕にとっては君は大切な友達なんだ。
 だから、その風船の手を離して、その手で僕の手を繋いでよ。
 僕はずっと君の友達でいたいんだ」

子供は、その言葉がとても嬉しかったのでした。

そして、風船の手を離して、友達の手を取りました。

 

一本の糸で繋がれた風船は、もう見えなくなってしまいました。

子供は、友達に言いました。

「あ、風船なんて、無かったね。だって見えないんだもの」

 

友達は子供が正気に戻ったような気がして、
その日から二人はとても仲の良い親友になりました。

 

あんなにも大好きだった、風船は、空高く舞い上がり、
もう、子供からも、風船からも、お互いが見えなくなってしまったのでした。

 

少し時間が経ち、子供はもう、大人でした。

でも、とても苦しんでいました。

幼い頃からの親友だった人と、会社を作ったのですが、
事業に失敗してしまったため、多くの借金に追われていました。

 

親友は、優しい人でしたので、自分に多くの保険金をかけて、
自殺してしまったのでした。

それでもまだ、借金は残り、大人になった子は苦しんでいました。

 

親友も亡くなってしまい、子は毎日が苦しくて苦しくて仕方がありませんでした。

 

そんな時、ふと、あの時手放した風船を思い出しました。

毎日が、あまりにも苦しいので、現実逃避したくなったのです。

 

でももう、風船はその子の事が、全く分からないくらい、
空高く舞い上がってしまっていました。

 

風船は、子供が自分の手を離した時から、子供の事が心配で心配で、
毎日が悲しかったのでした。

 

風船は、泣いていたのでした。

 

でもそれは、手を離した子供には、見えませんでした。

風船は、地表近くを飛ぶ、渡り鳥にお願いしました。

渡り鳥の名前は「補助霊」と言いました。

 

渡り鳥は、時々、風船に子供の状態を伝えるのでした。

子供は親友が大好きだと言うお話を、風船に伝えました。

風船は、子供が親友を好きでも、いつかまた、
風船の事を呼ぶ日が来るのを待っていました。

 

でも、ある時、渡り鳥は言いました。

「すいませんが、どこにいるのか、見失ってしまいました」

 

もう、子供が風船の事を呼ぶ日は来ませんでした。

風船は、悲しくて、苦しいのでした。

 

風船は、辛うじて地球の周りにいました。

子供が、苦しんでいないか、辛くないだろうか、そんな事を考えては、
子供の行く先を考えては絶望して、涙を流すのでした。

 

ある時、宇宙の星が言いました。

「どうしてそんなに泣くのか?」

 

風船は、宇宙の星に事情を話しました。

宇宙の星は、風船のお話を聞き、考えました。

宇宙の星は、ある時、地上に星を送る事を考えました。

 

でも、そのままでは地球は壊滅してしまいます。

ですので、遠くから、星を送る事にしました。

 

送られた星は、途中にある無数の星々にぶつかり合い、削られて削られて、
どんどんと小さくなっていきました。

星は、きっと痛かったに違いありません。

でも、それよりも、見失ってしまった子供達と、風船との愛を取り戻す事が、
星にとっては大切でした。

 

星は、「キリスト」と名乗られました。

 

星は痛い思いを散々して、風船には行かれなかった、地表に到着しました。

でも、地表に到着した星は、もう、
石ころくらいの大きさになってしまっていたのでした。

 

ただ、宇宙で散々に削られたので、ピカピカに光っていました。

ですので、拾い上げた人が、特別な石だと思ってくれました。

 

石は、光っていました。

その石は、不思議な石でした。

 

石を一目見たいと、人々は集いました。

石には、沢山の風船の糸が繋がっていました。

あの時の風船も、その石に繋がっていました。

石が、風船の糸を巻き込んで地表に来てくれたので、また、風船は地表に戻れました。

 

沢山の人々が、その石から、風船を貰っていきました。

人々は幸せでした。

貰われた風船も、幸せでした。

風船は、もう悲しまずにすんだからです。

 

不思議な石は、まるで優しいおじさんのようでした。

人々に、風船との間を取り持ってくれていたからです。

ただ、あの時の子供は、そこに居ませんでした。

せっかく不思議な石のおかげで地表に来れたのに、
あの時の子供だけが来てくれないのでした。

風船はまた、とても悲しい気持ちになりました。

 

実はもう、あの時の子供は、苦しみの中で、
親友の後を追って自殺してしまっていたのでした。

 

風船は、それを知りませんでした。

少し経ってから、風船は、不思議な石から糸を切り離され、
今度はもう、地球が見えないほど、遥かに遠くへと飛んでいくのでした。

風船は、今までよりも、もっと悲しむのでした。

 

風船の名前は「守護霊」と言いました。

 

 

おしまい。

 

今、苦しむあなたの風船は、どこにありますか?

風船は、あなたを探しています。

 

不思議な石は、今、各支部会、分会にあります。

 

今度こそ、守護霊と、あなたが、愛で繋がれますように。

もう二度と、その手を離しませんように。

 

支部会、分会の見学は無料です。ぜひ、いらしてください。

 

この記事の物語は、霊魂学を学ばせて頂いた、
未熟者の私達の作った創作話ですが、師が、事実を元に、
子供達にぜひ読み聞かせたいお話を書いてくださっています。

ぜひこちらをご覧下さい。

 

子供たちのためのスピリチュアルなお話: クリスマス編 (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190515233158g:plain

子供たちのためのスピリチュアルなお話2: 日常生活編 (MyISBN - デザインエッグ社)

f:id:kzkct:20190515233416g:plain