契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

死ぬ前にしておかなければならないこと

【投稿者:三郎】

誰でも死にたいと思う時はあると思います。

私も、死にたい、死にたいというより消えてなくなりたい、
明日が来なければいいのにと思う時があります。

しかし、死んで終わりならそれでいいのですが、死んでも終わりではありません。

 

死は、「物質の世界」から「幽質の世界」へ移行するだけのことなのです。

「幽質の世界」の下の方に落ちると、この世のどんな苦しみも比較にならないような
苦難が待ち受けています。

死にたくても死ねない世界で、ほぼ永遠に苦しむことになるのです。

自殺したから「下の方の幽質界」へ行くのではありません。

亡くなった時の「幽体」の状態が悪いから「下の方の幽質界」へ行くのです。

死ぬ前にしておかなければならないこと、それはたったひとつ
「幽体」を鍛えることです。

「幽体」の状態さえ良ければ、死後、「上の方の幽質界」へ入ることができます。

 

物質の世界では、リンゴが上から下に落ちるように、
霊的な世界では「幽体」の状態によって、行く世界が決まるのです。

そこに善悪はなく、法則が存在するだけです。

 

ぜひ、死後の世界や霊魂について、今のうちに学んでおいてください。

『霊魂研究へのいざない』: 死後の世界や霊魂について学ぶには

Kindl版もあります

f:id:kzkct:20190409205715g:plain