契山館 千葉分会ブログ

このブログの内容は、契山館の公式な見解ではありません。会員の理解の範囲内で自由に書かれたものであり、誹謗中傷や誤解を招く場合を除き、千葉分会は干渉しておりません。

古戦場

【投稿者:なおいー】

 

 

私の居住地は、南関東にあるのですが、私の自宅が建っている地区は、
約150年前の明治維新の時に、新政府軍と旧幕府軍との間で、
激しい戦闘が行われて、多数の死傷者を出した古戦場です。

その他にも、目の前の山上には、戦国時代のかなり大きな古城跡があったり、
2キロほど離れた所は平安時代末期の古戦場です。

また、自殺者が多い場所があったりと、一般的に考えると、
少々、怖い?地域なのかもしれません。

そのような場所の、霊的環境について、私には明確なことは分かりませんので、
これは私の推論ですが、墓地などと同じように、
この世の人間に悪戯をしようと待ち構えているような、
不道徳な霊魂が存在する可能性はあると思います。

ちなみに、以前に住んでいた家は、墓地に隣接していました。

ですから、これも私の推論ですが、前回、前々回と投稿させて頂いたように、
私が頻繁に金縛りになったり、パニック障害になったり、さらには、
家族に事故死者が出たり、病人が続出するような時期があったのも、
不道徳な霊魂の干渉があったからなのかもしれません。

 

しかし、古戦場も墓地も、全国にたくさんありますし、
空襲や災害で、大勢の犠牲者が出た地域も数多くありますから、
それらを全て避けようとしたら、住む所がなくなってしまいそうです。

また、住む所が、それらの地域を避けられたとしても、職場や学校、
スーパーなどがある地域はどうでしょうか?

さらに申し上げれば、現代は、この世の霊的環境が、著しく悪化していますから、
特定の立地条件に限らず、人の集まる所には、
不道徳な霊魂がたむろしていて、カモになりそうな、
霊的に隙のある人間を物色していると、考えなければならないでょう。

はっきり申し上げて、《幽体》という肉体と重なっている霊的身体を鍛えて、
《幽体オーラ》という霊的な光が、強く出るようにならない限り、
もはや、この世に霊的に安全な場所は、ほとんどないと言えるでしょう。

私達が、強い《幽体オーラ》を放っていれば、不道徳な霊魂からは、
眩しすぎて見え辛くなるので、彼らを遠ざけることが、出来るようになるのです。

それでは、《幽体オーラ》が、強く出るようになるためには、
どうすれば良いのでしょうか?

 

それには、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を行って、
《幽体》を鍛え、健全化していくしかありません。

今や、《霊的トレーニング》は、お住まいの地域などに関わりなく、
全ての方にとって、必要不可欠なものなのです。

《幽体》が不健全で、《幽体オーラ》が出ていないと、この世においては、
不道徳な霊魂の干渉を受け、《死後の世界》では、
恐怖と苦痛に満ちた、下層の世界へ落ちてしまう危険性が高まるのです。

この世においても、《死後の世界》においても、
真の意味で幸福に生き続けていくために、一人でも多くの方に、
《契山館》で、《神伝の法》の《霊的トレーニング》を、
始めて頂きたいと願っております。

 

ぜひ、お近くの《支部・分会》まで、お問い合わせ下さい。

契山館》では、強引な勧誘活動は、一切行っておりませんので、ご安心下さい。